エンタメ 将棋

増田康宏(四段)の出身高校や大学はどこ?藤井聡太と共通点や違うところも考えた

更新日:

中学生棋士の藤井聡太四段の快進撃や、いくつもの伝説を作った棋士・加藤一二三九段の引退など、このところ、将棋界は話題に事欠きません。

これを機会に、将棋を始めてみようかな?と思っている方も多いかも?

さて、藤井四段といえば、公式戦の連勝記録をどこまで伸ばせるか?にも注目が集まっていますよね。先日の澤田真吾六段との対戦も、手に汗握るものでした。藤井四段の29連勝がかかった勝負の相手は、増田康宏四段。

こちらも、なかなか手強い相手になりそうです。

増田さんも負けてしまいましたが次の相手は佐々木さんです。その佐々木さんの出身がイケメンすぎるのは知ってますか?詳しくは→佐々木勇気(五段)の大学はどこ?イケメンで出身スイスジュネーブで藤井聡太に勝利した事が!

スポンサードリンク

増田康宏の簡単なプロフィール

増田康宏四段は、1997年11月4日生まれの19歳。

藤井四段の14歳という年齢ばかりが注目されているようにも思いますが、増田四段も若いですよね〜。

出身は東京都昭島市だそう。

参考 : 日本将棋連盟 棋士データベース 増田康宏

5歳のときに将棋を始め、小学生のときには、小学生の将棋大会で優勝するほどの実力があったようです。すごい!

その後、2008年、奨励会に入会し、16歳でプロ棋士の道へ。

スポンサードリンク

増田康宏の出身高校は?大学はいってない?

増田康宏四段は、先ほども書いたように、東京・昭島市出身。

小学校は、地元の武蔵野小学校に通っていたようですね。

中学校は、公表されていませんが、地元の学校に通っていたのではないでしょうか?

中学卒業後は、通信制の高校で勉強しながら、将棋に比重を置いた生活をされていた様子。

羽海野チカさんの漫画、『3月のライオン』でも描かれていましたが、学校生活とプロ棋士としての生活を両立させるのは、かなり大変そうですものね…。

増田康宏四段と藤井聡太四段との共通点?違うところは?

藤井四段の対戦相手ということで、注目されている増田四段ですが、いろいろ調べていると二人の共通点、そして違うところが見つかりました。

まず、共通点をいくつか紹介します。

将棋を始めた年齢が、同じ、5歳。

どちらも、家族から将棋盤をプレゼントされたことがきっかけなのだそう。

増田四段は、いくつかセットになったボードゲームの中に将棋があったので、将棋を始めたのだそうですが、もし、そこで将棋に全く興味を持たず、触れもしなかったら、どうなっていたのでしょうか…。

小さい頃から、将棋を始めた二人は、全国的な大会にも何度も出場しています。

二人とも、岡山県で開催されている「全国小学生倉敷王将戦」での優勝経験有り(増田四段:2007年、藤井四段:2011年)。

さて、増田四段と藤井四段には、大きく違うところがあります。

増田四段は、詰将棋は”実戦に出てこない形なので、(プロ棋士にとっては)意味がない”と思っているそう。

逆に、藤井四段は、詰将棋解答選手権チャンピオン戦に2015年から3回連続で優勝するほど、詰将棋にも夢中のようです。

藤井四段は、家族と話をしている最中にも「できた!」と大きな声を上げることもあるそう。

それは、頭の中で考えていた詰将棋の問題が解けたから…なのだそうですが、本当に、四六時中、将棋のことを考えているんですね。そのほかの違いとしては、増田四段は、将棋に関する書籍を出版していること!

『堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊』という本なのですが、興味のある方は、ぜひ、手にとってみてくださいね。

藤井四段もそのうち、本を出版したりするのかな…?

スポンサードリンク

まとめ

いくら、小学生のころ、全国大会で優勝したからといって、すぐにプロになれるわけもないし、そもそも、プロになれるのも、一握りの人だけです。

二人が、大きくなり、プロ棋士の道を進んでいることだけでも、すごいことなのかもしれません。

これまでも、10代でプロ棋士になる(なった)方が多すぎて、そこだけを見ると、二人のすごさはよくわからないかも。

でも、これからは、この二人のような若い棋士が将棋界の中心になっていくんでしょうね。

若い棋士たちの今後に注目です!

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-エンタメ, 将棋

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.