食事

鮮芋仙「赤羽」の場所は?意味や読み方って何?店の感想を集めたよ

「鮮芋仙」とは、なにやら、お店の名前のようです。

でも、パッと見ただけでは、何のお店かもわかりませんし、そもそも読み方もわかりませんでした。何を売っているお店なのか? 何と読むのか?

気になることだらけだったので、調べてみることにしました。

鮮芋仙 赤羽の読み方と意味

「鮮芋仙」は、正確には「MeetFresh 鮮芋仙」という名前なのだそう。

アジアを中心に世界で505店舗も展開している台湾スイーツの食べられるお店とのこと。

「鮮芋仙」は「シェンユイシェン」と読むんですって。

台湾の伝統的スイーツである「芋園(いもえん)」(お芋で作ったもちもちのおだんご)、「仙草(せんそう)」(台湾ではポピュラーなハーブ)が楽しめるので、スイーツ好きの女子にはたまらないお店ですね。

お店で作っているものには、添加物を使わず、すべてを手作りすることにこだわっているそう。

そのため、お店の名前に、「Fresh」=「鮮」を使用しているのかな?と思ったり…。

ちなみに、ご存じの方も多いと思いますが、「赤羽(あかばね)」は地名です。

MeetFresh 鮮芋仙 東京

スポンサードリンク

 

鮮芋仙 赤羽の場所は?予約は出来る?

日本1号店となる赤羽店は、東京都北区赤羽にあります。

お店の住所と電話番号は以下の通りです。

住所:〒115-0045 東京都北区赤羽2−21−2 SD.Build-1F
TEL:03-5939-9500


JR赤羽駅東口改札から徒歩5分のところ。

予約は、どうやらできないようです。

まだまだ、人気のお店なので、行列覚悟でお出かけくださいね。

営業時間は、11:00〜21:00なので、午前中か閉店前に行くと空いているかもしれません。

MeetFresh 鮮芋仙 東京 SHOPのページ

 

鮮芋仙 赤羽の口コミ!感想や評判を集めた

実際にお店に行ってきた方の感想をTwitterで集めてみました!

「芋園」や「仙草」のほかにも、かき氷などのメニューもあるんですね。

台湾と言えば、タピオカドリンク!

タピオカの入っていないドリンクメニューも、もちろんあります。

号数によって、トッピングが違うようですね。

こちらの方の食べたものは、あずき+タロイモ+タピオカが乗っているそう。

なかなかボリュームがありそう。これだけでお腹いっぱいになるかも!

スポンサードリンク

 

まとめ

このお店は、台湾だけでなく、中国や韓国、オーストラリアやニュージーランドにもお店があるようなので、旅先で、このお店に出会ったことがあるという方も多いかもしれません。

私も、香港に行ったことがあるので、もしかしたら、街中で見かけていたかも…?(記憶にないですが…)

近々、2号店のオープン(これまた、赤羽!)が予定されているようなので、1号店(本店)の混雑も少しは解消されるでしょうか。

今後、もう少し交通の便の良いところか、全国的に展開していってくれることを期待したいと思います!

関連コンテンツ

関連コンテンツ