ゲーム

ファミコンミニジャンプバージョンを発売日にゲットするなら予約必須?収録内容が懐かしすぎるてアラフォー歓喜!

投稿日:

全世界で150万台以上売り上げたという、任天堂の”ミニファミコン”。その後、スーパーファミコンもミニサイズになり、こちらはさらにその上を行く500万台以上も販売!かつて、ファミコンやスーファミで遊んでいた世代なら、買わずにはいられない商品ですよね。

さて、この夏、”ミニファミコン”の新しいバージョンが登場します。今年(2018年)、創刊50周年を迎える「週間少年ジャンプ」とのコラボという、これまたアラフォー以上にはたまらない商品となっているようです。

スポンサードリンク

ミニファミコンジャンプバージョンの発売日と値段は?

この夏、発売される”ミニファミコン”の正式名称は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」

…な、長い…。

発売日は、2018年7月7日(土)。

「少年ジャンプ」の創刊は、1968年7月11日とのことなので、そこに近い日にちでの発売になったのでしょうか。

どうせなら、7月11日にすれば良かったのに…と思いつつ、そこは大人の事情かな?

希望小売価格は、7980円。

通常の”ミニファミコン”の希望小売価格は5980円ですから、ちょっとお高めになってますね。

※価格はすべて税別です。

どんな作品が収録されてるの!?

”ミニファミコン”のジャンプバージョンに収録されるのは、全部で20本。

50周年なので50本!!と思ったのですが、さすがに無理ですよね…。

収録されているのは、『キャプテン翼』や『キン肉マン』、『聖闘士星矢』に『ドラゴンボール』、『北斗の拳』…と80〜90年代に「週間少年ジャンプ」を読んでいた世代にはたまらない作品ばかり!

私個人としては『魁!!男塾』が収録されているのがなんとも…(涙)。

ジャンプバージョンの発売と、『男塾』が収録されると聞いたとき「欲しいッ!!」と思わず声が出てしまいました。

ドラクエシリーズの第1作『ドラゴンクエスト』も収録されているので、ドラクエファンの方も欲しくなっちゃいますよね。

すでに予約は受け付け終了?抽選販売のところもあるよ!

私が、今回のバージョンの発売を知ったときには、すでに遅し…。

ほとんどのお店で予約終了となってしまっていました…orz

でも、私がぼんやりしている間に、家族が手を尽くしてくれたので、何とか発売日には手に入れられそうです(もちろん、正規の価格で)。

アマゾンでは、すでにプレミア価格での販売となっていましたよ…。

HMVやジョーシンでは、抽選販売となっていますので、うっかり予約をし損ねてしまった方は、こちらに賭けてみるのもアリかも。

HMV

上新電機(ジョーシン)

多少割高ですが確実にゲットするならAmazonも今なら在庫あり。

発売日までにはAmazon本家の入荷があればラッキーですけどね。

まとめ

今回は、人気雑誌「週刊少年ジャンプ」とのコラボということで、ただでさえ人気の”ミニファミコン”がさらに人気を博しそうですね。

”ミニファミコン”は、2018年6月末から店頭での販売が再開されるそうですが、ジャンプバージョンは50周年記念商品ということで、最初の生産分が完売してしまっても再販されるかどうか心配…。

できる限り、本当に必要としている人の手元に届くように生産して欲しいのですが…。

とにかく、欲しい人は、八方手を尽くして頑張るしかないですね!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-ゲーム

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.