norovirus-incubationperiod-top

病気

ノロウィルスの潜伏期間は?仕事に出勤したいが感染が心配!判断基準ってある?

『ノロウィルス』って聞いたことありますか?

テレビにニュースや新聞、雑誌で見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんが、ノロウィルスは感染症や食中毒を発生します。

1年を通して発生しますが、だいたい11月ぐらいから多くなり12月、1月、つまり冬場がピークになります。

ノロウィルス感染しないために予防を心がけることが大事ですね。今回はノロウィルスについて簡単に考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

ノロウィルスの潜伏期間とその症状について

norovirus-incubationperiod-01

まず最初にノロウィルスの潜伏期間を見てまいりましょう。

ノロウィルスの潜伏期間は24時間~48時間です。つまり1日~2日ということになりますね。

症状としては主に

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 軽い熱

症状が発生してだいたい1日~2日くらいでおさまり、治癒したら後遺症はありません。場合によっては発生しないで軽い風邪程度で治まってしまうこともあります。

つまり、患者の抵抗力が強ければひどい症状を避けることができるということです。ただ甘くみてはいけないのでしっかり治癒させる必要はあります、

そんなノロウイルスですが、どのくらいの人たちが感染してるのか?気になりますよね。

厚生労働省のノロウイルスに関するQ&Aによると、日本では平成27年には14876件発生しているんです。

ちなみに同じように平成17年の発生件数は8727件で発生が少なめの年でした。平成18年が最多で27616件なので、平成27年の14876件は平均的な件数ですね。

そして、ノロウイルスは日本だけではなくアメリカやイギリス、フランス、スペインなどの国々でも感染が報告されている症状です。

スポンサードリンク

ノロウィルスに「感染しているか」の判断基準

norovirus-incubationperiod-02

自分がノロウィルスに感染しているのかの判断基準は、ズバリ言って『ムズカシイ』です。というのは、たいていの場合『いきなり』つらい症状が起こるからです。

ですから、朝起きた時にすでに下痢とか吐き気などの症状があらわれていたら、出勤はあきらめた方がいいでしょう。

私も感染したことがありますが、それどころじゃなく吐き気と下痢で相当苦しかったです。トイレに何度も行き、電車に乗って出勤を考える余裕もなかったほどでした。

ノロウィルスは感染力の強いウィルスで経口感染や飛沫感染します。経口感染というのは病原微生物が混入した飲食物を通して感染することです。

ですから、例えば患者が吐いた、吐しゃ物を処理してそのまま汚染された手で何かを食べてしまった場合に感染してしまうため注意が必要ですね。

その他にも患者さんがトイレに行った後で便座やドアノブを介して感染することもあります。飛沫感染とはせきやくしゃみで感染することです。

こうしたことを考えると、あなたのため、またあなたの会社の同僚のためにもやっぱり出勤はあきらめましょう。その他の感染経路としてカキなどの貝類に潜伏しているため、こちらも同じように注意が必要かもしれませんね。

ノロウィルスに関するまとめ

ノロウィルスのシーズンには特に注意が必要です。

手洗いをしっかりして予防を心がけることが大事ですが、理想的な手洗いは、水だけでなく石鹸を使ってしっかり洗うことです。

自分のためだけでなく、ほかの人のためにも感染が疑わしい場合には静かに休み様子をみるべきです。そして、保健所やかかりつけのお医者さんに相談してください。