場所

奥多摩キャンプ場(サーカスアウトドアトーキョー)の場所とオープン日は?一泊15万円!

投稿日:

最近、注目を集めている「グランピング」。魅力的という意味の”グラマラス”と”キャンピング”を掛け合わせた言葉で、簡単に言うと、”豪華なキャンプ”という感じでしょうか。

キャンプと言うと、テントやら寝袋を用意したり、調理器具一式をえっさほっさと担いでいくイメージですが、グランピングでは、ほぼ手ぶらでOK!自分でテントを設営する必要もありませんし、料理や後片付けなど、面倒なことはすべてスタッフがおこなってくれます。

そんな夢のようなグランピング。一度は体験してみたいですよね。2018年春、東京・奥多摩に新しいグランピング施設がオープンするようですよ。

スポンサードリンク

奥多摩のグランピング施設「Circus Outdoor Tokyo」の場所は?

2018年春、奥多摩町にオープンするグランピング施設の名前は「Circus Outdoor Tokyo(サーカス アウトドア トーキョー)」。

「Circus Outdoor」は、もともと、全国各地でサーカス団のように移動しながら、グランピングサービスを提供してきたグループ。その「Circus Outdoor」初の常設型施設となるのが奥多摩町のグランピング場なのだそう。

「Circus Outdoor Tokyo」は、東京都心から車で約2時間、JRを利用する場合は「奥多摩」駅で下車し、バスで25分の奥多摩町川野にあります。

住所:東京都奥多摩町川野290-1

地図で見てみると、目の前に奥多摩湖が広がり、それ以外はすべて山というようなところ。

東京都内に、これだけ山深いところがあったんですね〜。

オープンはいつ?予約はいつから?

「Circus Outdoor Tokyo」のオープンは、2018年3月1日(木)とのこと。

予約は、2月から受け付け開始するそうですが、正確な受け付け開始日時は不明でした。オープン前に、1月中旬には宿泊体験イベントも開催されるそう。15組の募集に300組以上の応募かあったとかで、グランピング人気の高まりを感じますね〜。

最新情報は、公式Instagramなどで発表されるようなので、こまめにチェックしてみてください♪

スポンサードリンク

1泊15万円のテントも!

「Circus Outdoor」のテーマは、その名前の通り”サーカス”。今回オープンする奥多摩町のキャンプ場に設置される5つのテントも、サーカスをイメージするようなものばかり。

「Pink Elephant」や「Blueberry Unicorn」など、動物(?)にちなんだ名前のテントもあるんですよ。それぞれのテントの中は、アウトドアとは思えないほどアンティークの調度品がたくさん!

中でも、一番豪華なのが、高貴なお客さんを迎えるために使われていた部屋をイメージした「Royal Griffin」。こちらは、1泊15万円(お一人様)ということで、ただただ驚くばかり。

どんな体験ができるのか、一度は泊まってみたいですね。

まとめ

真のキャンプ好きから見れば、グランピングなんてキャンプじゃない!と思うかもしれません。でも、ソレはソレ、コレはコレと分けて楽しめれば良いのかな〜と思います。

最近のキャンプ場は、トイレやシャワーにランドリーまであるようなところも多いようですし、気軽に手軽に楽しめるところが人気のようですよ。私も、先日放送が始まった『ゆるキャン△』というアニメを見て、ゆるくてもキャンプって楽しめるんだ〜と興味を持ったところ。

グランピングなら、まさにアウトドア初心者でも楽しめます。奥多摩に新しいグランピング施設「Circus Outdoor Tokyo」がオープンするこの機会に、グランピングにチャレンジしてみませんか?

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-場所

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.