tv-top

エンタメ

おんな城主「直虎」初回の第1話の放送日はいつから?出演者やあらすじを紹介

HNK大河ドラマの『おんな城主 直虎』が1月から放送開始しますね。主役は柴崎コウです。

今回は、この大河ドラマの初回放送開始日や出演者、簡単なあらすじなどを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「おんな城主 直虎」の放送日や出演者は?

その前に「おんな城主 直虎」これ、読めましたか?そのまま読むだけであってます。

「おんなじょうしゅ なおとら」です。「なおとら」でいいのかな?とちょっと思いましたがそのままです。

放送日

放送開始日は

2017年1月8日より放送予定のNHK大河ドラマでスタートします!

NHK大河ドラマなので、もちろんNHK

主な出演者

柴咲コウが主役で井伊家の出演者は

  • 杉本哲太
  • 財前直見
  • 宇梶剛士
  • 三浦春馬
  • 菅田将暉

他にも筧利夫、佐野史郎、阿部サダヲなど、あげるときりがないほど、豪華な出演者です。より詳しい出演者などは公式のこちらから↓

http://www.nhk.or.jp/naotora/

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎のあらすじ


主人公は柴咲コウさん演じる「井伊直虎」です。

戦国時代後の徳川四天王の一人彦根藩の藩祖となった井伊直政を育てた遠州井伊谷の女領主井伊直虎が主人公です。

井伊直虎は1535年ごろに遠江国の井伊谷(現在の静岡県浜松市)で生まれました。

父親は井伊直盛(杉本哲太さん)で実は、あの今川義元の親戚にあたります。 井伊家は関東の強豪の間で生き残らなくてはならない厳しい状況でした。

まわりにはあの今川家や武田家や徳川家などのとても有名な大名がいました。 井伊直虎は女性です、男性ではありません。どんな女性だったのでしょうか?なぜ彼女が城主になったのでしょうか?

スポンサードリンク

井伊直虎は井伊直盛(杉本哲太さん)の娘は「おとわ」と呼ばれていました。

直盛夫妻には男子が生まれませんで、しかも「おとわ」は一人娘でした。それで、直虎は井伊直親と婚約させます。うまくいく予定でしたが、状況が急変します。

今川家の策略で井伊家の男子がどんどん謀殺されたり、戦死したりしていきました。それで、婚約者だった直親は命を守るため逃亡します。この時点で婚約は消滅してしまいました。

別れる前におとわは直親とある約束をし、その約束を守るため出家します。名前も改め「次郎法師」として暮らすようになり、やがて『女地頭』になるときが訪れます。

おんな城主直虎が城主になった理由

井伊直虎は女性です。何で城主になったのでしょうか?普通城主は男がなるものですよね。

簡単に言えば男子がいなかったからです。先にも記述しましたが、井伊直盛は男子に恵まれませんでした。娘もおとわ一人だけでしで、井伊直親を娘婿としてほしかったのですがうまくいきませんでした。

また、父井伊直盛戦死(桶狭間の戦い)し、井伊直親も家臣の小野政次により暗殺されてしまいました。

彼女が30歳のころ1535年頃に生き残った一族は井伊直虎、井伊直政(5歳)築山殿、南渓瑞聞の4名ほどだったそうです。だから彼女が男勝りの名前である「直虎」を掲げて女城主、女地頭になったということです。

 

おんな城主直虎の井伊直政について

さて、この井伊直政とは誰でしょうか?直政は井伊直親(元婚約者)息子です。でも、母親は井伊直虎ではありません。

本当の母親ではありませんが、直政を強く強く育てました。その結果、直政は徳川家康のもとで大出世をします。「井伊の赤鬼」と呼ばれるくらいの勇猛果敢な武将になりました。

井伊直政は井伊直虎のおかげで大出世しました。井伊直虎が全面的にバックアップをして直政を徹底的に鍛えて結果的に彦根30万石の大名になるわけです。桜田門の変で有名な井伊直弼はその子孫です。

スポンサードリンク

井伊直政しかり、井伊直弼しかり、井伊家は徳川幕府を支えた名門です。その井伊家も井伊直虎なしには存続できなかったと言われています。それぐらい井伊直虎は偉大な存在だったわけですね。

戦国の世は厳しく戦いを負け続け、後を継ぐべき男子を失ってゆき、お家断絶の危機まで陥った井伊家ですが、その危機を救ったのが直虎でした。

彼女は賢く武力も資源もない井伊谷で生き延び発展する礎を築いたのです。

彼女のその覚悟と行動力は国をまとめ、ライバルを味方につけ、戦国の弱肉強食の世界のでの「本当の強さ」のあらわれでした。

 

まとめ

映画「大奥」や「信長協奏曲」などでも活躍していた柴崎コウの主演は見どころですね!

映像での紹介も公式にあるので、そちらを見るとよりわかりやすく流れがわかると思います。

  • 主役は柴崎コウ。
  • 放送開始は2017年1月8日です。