paperback-x-purchase-top

文庫X

文庫Xを書店で購入!店やレジの様子と開封した本の雰囲気や写真を紹介

2016/11/05

さわや書店から、始まった文庫Xが、さらなる広がりを見せていて、買える書店も広がってきたので、ついつい買ってしまいました!

文庫Xについては、散々伝えてきたけど、ニュースにも取り上げられて、そうなってくると本の内容も気になってきました。

買う理由なんて、なんでもよくて楽しければいいので、ノリで買ってみましたが、手元にやってきた文庫Xを写真撮りまくってみた。

ついでに、レジでの様子についても、少しお話ししますね。

スポンサードリンク

文庫X書店で発見

発見と言っても、下調べしてから行きました。用事があってね、ついでに寄ったんですが、まだまだ大きめな町じゃないと売ってないですよね。

全国に広がったとはいえ、下調べしてからじゃないと、危険ですね。

販売店のリストはこちらにまとめてあります。

文庫Xはどこで買える!?電話番号付き全国販売書店一覧まとめ(更新)

目的の本屋で、見つけたので、まずは店員さんの目やお客さんの目が気になりつつも写真を撮らせていただきました。

ほらほら、あったよ、例のもの

paperback-x-purchase-01

山積みに中身も伏せられて、目立つ位置に!

paperback-x-purchase-03

遠目からも

paperback-x-purchase-02

 レジでカバーを聞かれるも

会計してレジでカバーおかけしますか?って聞かれましたが、せっかくなので断りました。でもね、後から、もしカバーをつけてもらったら、どうやってつけるのだろう?って思ったんですよね。

  1. こっそり見えないように配慮してくれるのか?
  2. お客さんが目の前で見てても堂々とカバーを外してつけるのか?
  3. カバー オン カバーで、手作りカバーの上からカバーをかけるのか?

多分結構薄いのでカバーの上からカバーだと思いますが、目の前でカバーを外してたら、そこで内容わかっちゃいますもんね。

本屋では、薄い本屋で会計時に必要な紙を取り出したいために、少しだけ上部のビニールを切って回収してました。もちろん了承した上で。

なんかね、店員さんの多い本屋だったので、文庫Xの目の前で、ジーーーッと見てると、周りから視線を感じる気がしました。自意識過剰なだけかもしれませんが、心の声が聞こえるんですよ。

こんな感じで心の声が↓

私「おお、これが文庫Xの山!へぇー」
店員さん「うひひ、それ中身オレは知ってるもんね」
私「ほんとにカバーで中身が分からずビニールで厳重だ!」
店員さん「買うのか?買っちゃうのか?」
私「面白いなぁ」

スポンサードリンク

文庫Xをゲットしたので開封

とりあえず、自宅へ戻ってからは一番に中身を開封しました。
紀伊国屋で買ったのでこんな感じの袋から出してから、、、、

paperback-x-purchase-04

ジャジャーーーン!!!↓

paperback-x-purchase-05

後ろからも↓ちゃんとバーコード番号見えないんです

paperback-x-purchase-06

背表紙もちゃんとしてる↓

paperback-x-purchase-07

文庫Xだから文庫サイズのはずなのに写真で見てた時の先入観で、勝手に大きな想像になってました。

しかし、文庫サイズなので小さいのです。当たり前か。

iPhoneと並べてみたら↓

paperback-x-purchase-08

重ねても見た↓

paperback-x-purchase-09

いつでも持ち運べるサイズです。当たり前か、、、。

いい加減、ビニール取らないとね↓

paperback-x-purchase-10

表紙を確認したのちに中を開いてみた↓

paperback-x-purchase-11

うん、なるほど。確かに改めて思うのは、普通に売ってたら買わないですね。

最後に、カバーだけ外してみたり↓

paperback-x-purchase-12

この手づくりカバー、地域によって変えたら面白いと思うなぁ。もうすでにあるのかな?場所によって違うカバーとか。

まとめ

まだ中身は読んでないですが、空いた時間に読んでみようかな?って思います。値段は810円でした!