食事

梅酒キットカットの発売日と値段は?使用しているのは平和酒造の「鶴梅」!

投稿日:

日本独自のフレーバーが350種類以上もあるという「キットカット」。日本らしさを前面に出した抹茶や地方の名産品を使った果物を使ったものなど、まだまだ出会っていないフレーバーがたくさんあります。

さて、この秋、ちょっぴり大人向けのキットカットが新発売されるのはご存じでしたか?新しいフレーバーとして登場するのは、梅酒!これは、昨年(2017年)元サッカー選手の中田英寿さんとのコラボから生まれた日本酒フレーバーに続く、第2弾だそう。

国内のお客さんだけでなく、海外からの観光客もターゲットにした商品ということで、今回も人気商品となりそうですね。発売日はいつなのか?どこで買えるのか?気になったので、情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

梅酒のキットカットが発売されるよ〜!発売日と値段は?

ネスレから新発売されるキットカットの新フレーバーは「キットカット 梅酒 鶴梅」という名前。

名前の通り、「鶴梅」という梅酒を使った商品です。

粉末状にした梅酒をコーティング用のホワイトチョコレートや中身のクリームに使用。

芳醇な香りも楽しめつつ、後味はすっきりしているのだそう。

発売予定は、2018年9月中旬。

希望小売価格は、756円(税込)とのこと。

ミニサイズのものが9枚入っているようです。

梅酒キットカットはどこで買えるのかな?

「キットカット 梅酒 鶴梅」は、全国の空港や駅にあるお土産物屋さんを中心に販売されるそう。

先ほども書いたように、国内のお客さんだけでなく、海外から日本に来た方にも買ってもらいたいという思いがあるようです。

梅酒は、このところ、海外でも人気が出てきているようなので、それを使ったお菓子も喜ばれそう。

ネスレには、公式オンラインショップもありますので、発売日以降には、そちらでの取り扱いも始まるはず♪

梅酒味に先がけて販売されている日本酒味もこちらで買えますよ〜。

スポンサードリンク

梅酒「鶴梅」を作っている平和酒造について

さて、「キットカット 梅酒 鶴梅」に使われているのは、梅酒「鶴梅」。

これは、和歌山県にある酒造メーカー・平和酒造さんで作られているもの。

平和酒造では、日本酒「紀土」や梅酒などの「鶴梅」シリーズのほかに、近年はクラフトビールの製造も始めています。

今回、キットカットの梅酒味のベースとなっているのは、鶴梅の中の「すっぱい」という商品。

通常の梅酒よりも3〜4倍の梅を使っているので、すっぱさが際立つ一品になっているとか。

甘ったるい梅酒が苦手な方でも、これなら飲めそうですね。

残念ながら、酒蔵の見学や蔵でのお酒類の小売り販売はおこなっていません。

平和酒造のお酒を取り扱っているお店(小売店)には、ネット通販も併せておこなっているところもありますので、遠方の方は、そういったお店をご利用くださいね。

まとめ

和歌山に酒造メーカーなんてあるの?という方も、多いかもしれませんが、今回、ご紹介した平和酒造のほかにも紀北を中心に10軒以上の酒蔵があるんですよ。

平和酒造では見学の受付をしていませんが、見学OKの蔵もあるので、和歌山観光のついでに、ちょっと足を伸ばしてみてください。

「鶴梅」に使われている梅は、もちろん、和歌山で採れたもの!

今回の「キットカット 梅酒 鶴梅」を買ってくれる海外の方に、梅酒だけでなく、和歌山のことももっとアピールできれば良いなぁ〜と思っています。

私も、どこかで見かけたら買って食べてみます。

発売が楽しみですね〜。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-食事

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.