記念日

公衆電話の日は9月11日!その由来は?使い方は知ってる?災害時には通話無料に!

投稿日:

最近、街中で公衆電話を見かけることが少なくなりました。

誰もがスマホや携帯電話を持っている時代ですものね。

でも、スマホや携帯電話は電池が切れてしまったり、突然故障することも…。

そんなときに限って、緊急事態が発生してしまったり…というのもよくあることです。

そこで、役に立つのは、やっぱり公衆電話!

今回は、「公衆電話の日」や使い方など、公衆電話に関することをいろいろとまとめてみました。

スポンサードリンク

どうして9月11日が公衆電話の日なの?

「公衆電話の日」は、9月11日。

どうしてこの日が「公衆電話の日」になったのか調べてみると、その由来は明治時代にさかのぼるのだそう。

1900(明治33)年のこの日、東京の新橋駅と上野駅に公衆電話が設置されたことが由来なんですって。

でも、当時は〈公衆電話〉ではなく、〈自動電話〉と呼ばれていたとか。

いったん、交換手さんを呼び出し、それからお金(硬貨)を入れ、相手方に回線をつないでもらう…という方式だったようです。

電話自体が、当時の最先端の技術かもしれませんが、でも、この方式は、とても〈自動〉とは呼べないのでは…?と思いつつ。

公衆電話の使い方、知ってますか?

数年前、衝撃的な事件が明らかになったのは、皆さんの記憶に新しいことと思います。

行方不明になっていた女の子が、犯人に監禁されていて、運良くそこから脱出した後、公衆電話から家族に電話をかけた…というもの。

この一件があり、改めて子どもに公衆電話の使い方を教えておかなければ…と思った親御さんも多いのではないでしょうか。

我が家でも、息子に「公衆電話の使い方、知ってる?」と聞いたら「うーん…?」という返事だったので、しっかり教えておきました。

・公衆電話の使い方

1.まず、受話器を上げる
2.硬貨かテレホンカードを入れる(この時、ツーという発信音が聞こえます)
3.電話をかけたい相手方の番号をダイアルする

携帯電話の電源が落ちてしまっている(電池切れや故障の場合)とき、電話帳を見ることもできないと思いますので、せめて、ご自宅やご家族の携帯電話番号くらいはおぼえておく必要がありますね。

災害時には通話無料になるよ!緊急通報時にも活用できます

公衆電話は、災害時に優先的に回線がつながるようになっているそう。

基本的に電話線を使ってつないでいる固定電話は、停電の時でも使えます。

受話器を上げてみて、「ツー」という音が聞こえたらOK。

NTTが設置している公衆電話は停電のときでもちゃんと使えるようになっているようですよ。

また、災害が発生したときには、通話料が無料になる措置もとられるとか。

2011年に発生した東日本大震災、2016年の熊本地震でも被災地からの発信が通話無料になったようです(ただし、日本国内にかける場合のみ)。

災害以外でも、緊急事態が発生し、警察や消防に電話をすることもあると思います。

そんなときにも、公衆電話からは無料で「110」番や「119」番にかけることができます。

その場合は、受話器を上げ、「110」や「119」を押すと通話できるそう。

通話前に赤いボタンを押さなくてはいけない機種もあるようなので、どんな公衆電話でも使えるよう、いざという時に備え、知識だけは持っておいてくださいね。

まとめ

最初にも書いたように、最近は、誰もが携帯電話を持つ時代。

大人だけでなく、安全のため、小学生にも持たせているというご家庭も多いようです。

確かに、手元に携帯電話があれば、いざというときにすぐ使えますよね。

でも、何かのはずみで携帯電話が使えない、手元にないという状況になることも。

そんなときに役立つ公衆電話の使い方などを少しでも理解しておくと、心強いです。

「公衆電話の日」は、ご家族の中で、公衆電話の使い方などを改めて確認する日にしたいですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.