記念日

【道の日】8月10日の由来は?定番イベント情報はドコをみればいい?

投稿日:

私たちの生活に欠かせないものと言えば、何を思い浮かべますか?

まずは、水や電気(電力)ということで、災害に備えペットボトル入りの飲料水や乾電池などをそろえているお家も多いと思います。もちろん、水や電気も大切なのですが、生活に必要なものを運ぶためには、車や人などが通る”道”も重要な役割を担います。

自然災害や事故などで、道路が1本、不通になるだけで、人や物の移動が困難になってしまうことも。普段、暮らしている中で、道路のありがたみを感じることは少ないかもしれませんが、今回は、そんな道路に関する記念日についてご紹介します。

スポンサードリンク

道の日の由来は?道路ふれあい月間と関係ある?

道路に関する記念日「道の日」は、国民に道路の意義・重要性について関心を持って欲しいという思いから、1986年(昭和61年)に建設省(現在の国土交通省)が制定したものです。

日付は、8月10日で、1920年(大正9年)8月10日に日本で最初の道路整備計画となる「第一次道路改良計画」がスタートした日が由来とのこと。

また、それ以前に8月が「道路をまもる月間」だったことも関係しているそう。

この月間の名前は、現在は、「道路ふれあい月間」となっています。

道の日のイベント情報はどこで探す?

「道の日」には、これまでにも、各地でイベントが開催されているようです。

道路の管理をしているのは、国や地方自治体(都道府県や市町村)なので、8月10日が近づくと、それぞれの公式サイトでイベントについての案内があるかも。

京都府「道路ふれあい月間」公式

一例ですが、こちらは京都府の「道路ふれあい月間」についての案内のページです。

肝心の国土交通省のイベント紹介ページが残念なことになっているので、お近くの自治体のHPをこまめにチェックするほうが良いかもしれません。

しずおか×みち 静岡県道路局ツイッター

最近は、こちらの静岡県道路局のように各自治体でもTwitterなどSNSで情報を発信していますので、フォローしておくのも良いかな?

スポンサードリンク

道の日にキャラクターがある!?

何でも”キャラ化”してしまうのは、日本文化の極み。

”ゆるキャラ”は、まさにその集大成で、今や全国各地、”ゆるキャラ”や”ご当地キャラ”のいないところはないくらいです。

こちらの「すわん君」は、毎月22日が「禁煙の日」ということで啓発キャラクターとして活動しているのだそう。

もちろん(?)「道の日」にも啓発活動をしているキャラクターがいたんですよ。

”いた”という過去形になのは、最近では、その姿を見ることがほとんどないから…という悲しい理由です…。

「道の日」が制定されたとき、イメージキャラクターとして就任(?)したのは「こっちだヨウ平」くん。

元となっているのは、”ハンミョウ”という昆虫。

この虫は、人が近づくと逃げるのですが、数メートル飛んだ後、何度も後ろを振り返る仕草をすることから、それが道案内をしている様にたとえられ”ミチシルベ””ミチオシエ”という別名で呼ばれることも。

「こっちだヨウ平」という名前も、「こっちだよ〜」と道案内しているところから採用されたのでしょうね。

まだ、彼の姿が描かれた看板が残っているところもあるようです(今も、あるかな…)。

それにしても、この”虫”感が何とも言えませんね〜。これを着ぐるみにするのはちょっと…。

まとめ

私ごとですが、以前、公的な機関でお仕事をしていたこともありました。

そのときに、「道の日」や「水の日」など、公的な機関が認定した記念日のイベントに参加したこともありますし、多分、そのときに「こっちだヨウ平」くんとも出会っているはず…。

あれから、ン年か経ち、彼のことなんて、すっかり忘れていました。

我が家の周辺では、彼の姿が描かれた看板などは見かけませんし、忘れても仕方ないよね…。でも、なんだか、ちょっと申し訳ない気持ちにもなっている私です。

それはさておき。

「道の日」や「道路ふれあい月間」には、私たちの生活に欠かすことのできない道路について、改めて思いを巡らせたいものですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.