記念日

9月19日は苗字の日!自分のルーツを調べたことがある?芸能人にも珍しい名前の人がいっぱい!

投稿日:

日本には、一説に30万もの苗字(名字:みょうじ)があると言われています。

「佐藤」さんや「田中」さん、「鈴木」さんなどのような人数の多い苗字の方から、ご本人に読み方を聞かなければ読めないような「小鳥遊(たかなし)」さん、「雲母(きらら)」さんなど珍名さんまで、皆さんの周りにもいろいろな苗字の方がいらっしゃるのではないでしょうか。

かく言う私も、結婚前は珍名さんの一人だったので、何かと苦労もありました(ちゃんと読んでもらえない、書いてもらえない…などなど)。

まぁ、それはさておき。

苗字に関する記念日があるのはご存じでしたか?

どうやら、2つの記念日があるようですが、今回は、9月の苗字の記念日についてご紹介します。

スポンサードリンク

どうして9月19日が苗字の日になったの?

毎年、9月19日は「苗字の日」とされているそう。

この日は、1870(明治3)年、「平民苗字許可令」によって平民(庶民)が苗字を名乗ることが許された日。

それまでは、”どこそこ村の誰それ”や”何とか屋(屋号)のかんとか”で通じていた訳ですから、でも、急にお上から「苗字を名乗れ」と言われても、苗字をつけようとする人は少なかったようです。

そこで、政府は、改めて1875(明治8)年「平民苗字必称義務令」を発令し、国民が苗字を持つことを義務付けたそう。

この日法令が発令された2月13日は「苗字制定記念日」とされてます(こちらがもう一つの苗字の記念日)。

自分の苗字のルーツを調べてみる?調べ方は?

皆さんは、自分の苗字のルーツがどこにあるのか調べてみたことはありますか?

明治以前から存在していた苗字なら、代々、お家にその由来が伝えられているかもしれません。

先ほどご紹介したように、明治時代に新しく誕生した苗字の多くは、地名や生業としていた職業に由来するものが多いようです。

もし、皆さんが自分のルーツを調べようと思ったときには、まず、地元の図書館に行ってみてはどうでしょう。

どこの図書館でも、地域の歴史について書かれた本が置いてあると思います。

もしかしたら、ご先祖様の名前が『○○町史』など、地元の歴史を記した本に載っているかも!?

図書館の方に、地域の歴史を調べている方を紹介してもらうのも良いですね。

スポンサードリンク

芸能人には珍しい苗字の人がいっぱい!

さて、芸能界には、珍しい苗字の方がたくさんいます。

ただ、いくら珍しいと言っても、芸名の場合もありますので(それはそれで、個性的で良いですが)、ホントにこんな苗字があるんだ〜と思わないよう注意が必要です。

海外でも活躍されている役所広司さんは、デビュー前にお役所に勤めていたことが名前の由来だそう。

もちろん、本名が珍名さんという芸能人の方もたくさんいらっしゃいますが、今回、少しだけですがご紹介しますね。

2016年の「M-1グランプリ」で優勝した銀シャリの「鰻」和弘さんは、そのまんま「うなぎ」と読む苗字。

「鰻」一族(直系に限る)には、”ウナギを食べてはいけない”という掟があるそうで、もし食べてしまうと、原因不明の心臓発作(!?)で死んでしまうのだとか…。

2018年6月に結婚を発表したDA PUMPのISSAさんは、本名が「邊土名一茶(へんとな いっさ)」となんとも個性的。

一目見ただけで印象に残る名前ですが、初見では読めないタイプの珍名さんですよね。

薬師丸ひろ子さんは、一見、芸名のようですが、実は本名なのだそう。

最近は、本名や年齢を非公表にしている俳優さんやタレントさんも多いですが、気になる方の名前はついつい調べてみたくなるものですね。

まとめ

最初に書いたように、日本には30万もの苗字が存在するのだとか。

ただ、近年、社会問題にもなっている少子高齢化のせいで、珍名を受け継いでいく人が少なくなっているようです。

私のように、結婚を機会に、珍名さんから卒業してしまう人もいますし、苗字を繋いで行くのってなかなか難しいことなんだなぁ…と改めて思いました。

「苗字の日」になっている、9月19日には、そんなことを考えながら、自分のルーツを探ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.