記念日

9月28日はパソコン記念日!昔はマイコンと呼ばれてた!?皆さんの初めて買ったPCは何ですか?

投稿日:

今や私たちの生活に欠かすことができないコンピュータ。

地球規模の大気の動きをシミュレーションしたり、高い精度で心臓の動きを再現できるスーパーコンピュータ(スパコン)から、皆さんのお家にあるパソコン(PC:パーソナルコンピュータ)はもちろんのこと、マイコン(マイクロコンピュータ)は、家電にも欠かせないパーツとなっています。

タブレットやスマホもパソコンの一種なんですよ。

我が家でも、デスクトップ型PCとタブレットが大活躍しています。

そんな現代人の必須アイテムであるパソコンの記念日があるのはご存じでしたか?

今回は、「パソコン記念日」に関するいろいろをまとめてみました。

スポンサードリンク

どうして9月28日はパソコン記念日なの?

「パソコン記念日」は、9月28日。

その由来は、1979年のこの日に、NEC(日本電気)から「PC-8001」というパソコンが発売されたから…ということになっています。

しかし、NECの公式見解では、PC-8001の発売は”9月”と日にちは記載されていないとか。

記念日の名前も、「パソコン記念日」だったり「パソコンの日」だったり…と定まっていない様子…。

NECとしては、発売した日にちにはこだわっていないということなんでしょうか。

PC-8001から始まったNECのパソコンは、その後のパソコンブームの火付け役ともなりました。

この後に続く、「PC-9800」シリーズはアラフォー世代には懐かしさ大爆発ですよね。

昔はパソコンのことをマイコンと呼んでたんです

お次は、「PC-8001」の何がすごいのか、というお話。

「PC-8001」が、国産初のパソコンという説もあるようですが、それは誤りで、「パーソナルコンピュータ(パソコン)」という名称(商標)を初めて使った、というのが正しいようです。

「PC-8001」のスペックは、本体のメモリが16KBと、今から考えると”何じゃこりゃ!?”なレベルかもしれませんが、当時は、自宅にPCがあるなんて考えられなかった時代。

それが、十数万円(別売りの増設メモリなどを付ければもっと高くなりますが…)で買えるなんて、夢みたい♪…だったんですよ。

NECが「パソコン」という言葉を広まるまでは、PCのことは「マイコン」と呼ばれていました。

マイコンは、「マイクロコンピュータ」の略なんですが、私は”my(マイ)コンピュータ”の略だとずっと思ってました…(アホでスミマセン)。

スポンサードリンク

私が初めて買ったPCは…?

さて、そんな私が初めて買ったPCは、同じくNECの「PC-9801DA」。

とある大学に在籍していた私は、卒論を書くためにワープロが欲しかったのです。

どうせなら、パソコンを買ったほうが良いよ〜ということで、わざわざ秋葉原まで足を運んで、中古の「PC-9801DA」を買ってきました。

私の記憶が確かなら、モニタ付きでも4万円もしなかったような…。

貧乏学生には痛い出費でしたが、これで卒論が書ける〜♪と喜んだものです。

結局は、卒論執筆よりも、ゲーム機として活用することが多かったような気もしますが…(『三國志』ばかりやってました)。

そうそう、私が使っていたPCのフロッピーは、なんと5インチ!

この辺りも時代を感じるところです。

まとめ

NECから、「PC-8001」が発売されてもうすぐ40年。

たった40年で、机の上で幅を利かせていたパソコンが、手のひらサイズのスマホに変わっちゃったんだ〜と思うと、ホントに時の流れって早いなぁと感じるところです。

「パソコン記念日」は、「PC-8001」を発売したNECが制定した訳ではなさそうですが、家庭でも使える「パソコン」を生み出してくれたことに感謝する1日にしたいですね。

これからは、時計型やメガネ型のように身につける(ウェアラブル)コンピュータが主流になってくるのでしょうか。

そのうち、「パソコン」に変わる新しい言葉も生まれてくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.