記念日

招き猫の日(9月29日)の由来は?ホントに猫がお客さんを呼ぶ!?イベントが面白そう♪

更新日:

このところ、犬を飼っているお家より、猫を飼っているお家のほうが多いんだとか。

私もどちらかというと、猫のほうが好きで、いつか飼いたいなぁと思いつつ、いつになることやら…。

さて、私のような猫好きなら集めたくなるのが猫グッズ。

我が家にも、もちろん、猫がモチーフのグッズがいろいろあります。

日本に古くから伝わっている猫グッズの一つが〈招き猫〉。

お店などに飾っていると、お客さんやお金を招くと言われている縁起物です。

そんな招き猫に関する記念日があるのはご存じでしたか?

スポンサードリンク

招き猫の日が9月29日の理由は?

「招き猫の日」は、毎年9月29日。

この日は、語呂合わせで”く(9)る、ふ(2)く(9)”(来る福)となることから、福を招く、招き猫の日となったのだそう。

招き猫を愛する人たちが集まった団体「日本招猫倶楽部」が制定したもので、日本記念日協会にも認定されています。

ちなみに、招き猫が右手(手というよりは脚ですね)を挙げている場合は金運、左手を挙げている場合はお客さんなど人を招くとのこと。

ときどき、両手を挙げた物もありますが、もうお手上げ〜と万歳しているように見えることもあり、験を担ぐ方には不人気のようです。

招き猫の日にちなんだイベントもあるよ!

9月29日の「招き猫の日」周辺には、各地でイベントが開催されているそう。

焼き物の町として知られる愛知県瀬戸市は、招き猫の生産地でもあります。

瀬戸市には、先ほどご紹介した日本招猫倶楽部が設立した「招き猫ミュージアム」もあるんですよ。

毎年、「招き猫の日」に近い日程で「来る福招き猫まつりin瀬戸」というイベントが開催されているそうで、招き猫の展示や販売、そのほかさまざまな催し物が開催されるとのこと。

また、伊勢神宮の参道にある「おかげ横丁」でも、「招き猫の日」を挟む2週間ほど「来る福招き猫まつり」が開催されるそう。

おかげ横丁には、普段から、あちこちに招き猫がいっぱい!

食べ歩きスポットとしても有名ですが、招き猫を探しながら、ぶらぶらと散策するのも楽しそう!

それぞれの場所や行き方の詳細はこちらの記事にあります→

【来る福招き猫まつり】会場場所やアクセス方法は?3ヶ所全部を最寄駅も含めて紹介!

縁起物として知られている招き猫ですが、最近は、商売をしているお店でもあまり見かけなくなったような…。 それでも、招き猫を収集している方や、オリジナルの招き猫(グッズも含め)を作っている方など、根強いフ ...

続きを見る

猫のおかげで千客万来!?猫の駅長が大活躍!

さて、お客さんやお金を招くという〈招き猫〉。

実際に、猫のおかげでたくさんのお客さんで賑わっているところがあります。

和歌山電鐵貴志川線にある「貴志(きし)」駅では、猫の「たま」を駅長に任命して以来、国内だけでなく、海外からのお客さんがたくさんやってくるようになりました。

残念ながら、たま駅長は2015年に亡くなってしまいましたが、現在(2018年6月中旬)は、ニタマちゃんが貴志駅の「スーパー駅長」、よんたまちゃんが伊太祈曽駅の「駅長」として勤務中。

私もたまちゃんが存命中、何度も貴志駅に足を運びましたが、ホントに可愛かったなぁ〜。

駅舎が建て替えられる前には、自由にたまちゃんに触れることもできたのですが、訪れる人が増えるごとに悪さをする人もいたようで、今は、猫の駅長さんはガラス越しにしか見ることができません。

お客さんがたくさん来てくれるのは嬉しいですが、ちょっと切ないお話ですね。

スポンサードリンク

まとめ

福を招く〈招き猫〉。

最近は、表情や体の色がさまざまなものも作られています。

「招き猫の日」周辺に開かれるイベントでは、一点物の招き猫が販売されることもあるそうなので、お好みの1匹(1体?)を探しに行ってみませんか?

猫好きの方だけでなくても、楽しめるイベントになっていると思いますよ〜!

私もまた、貴志川線の猫駅長たちに会いたくなってきました。

子どもを連れて遊びに行ってみようかな〜。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.