記念日

空の日とは?由来となった事柄は戦前?当日は、全国各地でイベントも開催されるよ!

投稿日:

飛行機を見るのが好き、乗るのが好き、という方も多いと思います。

私は、浮き上がる瞬間と着陸の瞬間が苦手で、あまり飛行機には乗りたいと思わないのですが、空を見上げて、飛行機雲ができているのを見ると、ちょっと気分が高まります。

さえぎるものが何もない空を自由に飛んでみたいなぁ〜と思うこともありますし…。これも『ドラえもん』の影響なんでしょうかね。…と、それはさておき。

航空に対する理解と関心を高めてもらおうという主旨で制定された「空の日」という記念日があるのはご存じでしたか?

「海の日」や最近、祝日に制定された「山の日」は聞いたことがあるけど…という方のために、今回は「山の日」に関する情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

空の日っていつ?その由来は、戦前にまでさかのぼる!?

「空の日」は、毎年9月20日となっています。

由来となったのは、1940(昭和15)年9月28日に制定された「航空日」。

この日は、1910(明治43)年に日本初の動力飛行に成功して30周年、さらに紀元2600年のさまざまな祝典行事の計画が進められていたことから制定されたのだそう。

制定当初は、9月28日だったようですが、その翌年には9月20日となり、戦後一時廃止されましたが、1953(昭和28)年に復活。

1992(平成4)年には、「空の日」と名称を変え、現在に至るということです。

また、9月20日から30日までは、「空の旬間」として全国各地の空港などでイベントがおこなわれています。

イメージキャラクターもあるよ!

「航空日」が「空の日」に変わったのを機会に、イメージキャラクターも登場しています。

名前は、「くにまる」くん。

由来は、9(く)2(に)0(まる)という語呂合わせからだそう。

地球に翼が生えているというキャラクターで、”地球的規模での航空による人、物及び文化の交流”を表しているとのこと。

くにまるくんは、Facebookも開設しているようで、活動の様子をこちらで見ることができます。

「空の日」以外にも、しっかりお仕事しているようです。

スポンサードリンク

各地の空の日のイベントは?

全国各地の空港や関連施設では、9月20日の「空の日」や30日までの「空の旬間」に近しい日程でイベントが開催されています。

成田国際空港

和歌山県公式サイト

成田空港のような大きな空港から、地方の小さな空港まで…ホントに各地でかいさいされているんですね〜。

上でご紹介しているのは、2017年に開催された際のものですが、毎年恒例の行事となっているようなので、参考にしてください。

少し変わったところでは、宮崎県にある航空大学校でも関連イベントが開催。

航空大学校

こちらも2017年の情報です。

航空大学校への入学を希望している方だけでなく、広く一般にも開放されるイベントのようなので、ぜひ、ご家族皆さんでお出かけしてみてくださいね。

ただ、9月末と言えば、まだまだ台風が心配な時期。

台風は、飛行機の大敵ですから、当日の天候によっては、イベントが中止になる場合も…。

「空の日」のイベントに参加予定の方は、その日までお天気のチェックを忘れずに〜。

まとめ

「海の日」や「山の日」は、国民の祝日として制定されているのに、「空の日」は休みの日にはならないんですね…。

海・山・空とセットで祝日になれば嬉しいような…。

でも、週末や祝日など関係なくお仕事をしている方にとっては、これ以上、祝日を増やさないで〜というのも本音かもしれませんね。

まぁ、お休みにならなくても、「空の日」には、私たちの生活を便利にしてくれている航空や空の安全について考える日にしたいところです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.