場所

「天空の駅」ってどこにあるの?場所や行き方は?評判も調べたよ!

投稿日:

「天空の○○」と聞くと、すぐ「バルス!」が思い浮かんでしまいますが、今回は、お城の話ではありません。

とある場所に「天空の駅」と呼ばれている駅があるのだそう。”天空”というからには、さぞ標高の高い場所にあるんだろうなぁ…と思ったら、そうでもないんですって。

一体、どこにあるんでしょうか?気になったので、調べてみることにしました。

スポンサードリンク

「天空の駅」ってどんな場所?どこにあるの?

「天空の駅」と呼ばれる「宇都井(うづい)」駅は、広島県三次(みよし)市の「三次」駅と島根県江津(ごうつ)市の「江津」駅を結ぶ「三江(さんこう)」線の駅の一つ。

高架駅になっていて、ホームと待合室が地上約20mの高さにあることから、日本一の高さの「天空の駅」と呼ばれているんだそう。

ただ、そんな高さの駅でありながら、ホームに上がるためには、116段の階段を利用するしかないんだとか。これは、なかなか辛いですね…。

「宇津井」駅の所在地は、島根県邑智郡邑南町宇都井下郷1044。

航空写真で見てみると、かなりの山の中のようです。

「天空の駅」への行き方は?

「天空の駅」と呼ばれる「宇津井」駅に行くには、そりゃあやっぱり電車でしょ!と思って時刻表を調べてみたのですが…。

三江線自体の運行本数が少なく、平日に「宇津井」駅を通過する電車は、上り下りとも1日に4本しかありませんでした。しかも、運行されている時間の間隔がものすごく開いているので、1本乗り過ごすと大変なことになります。

三江線沿線には、途中下車しても、食事や宿泊のできるところも少ないそう。

となると、三江線の始発駅となる、「三次」か「江津」駅周辺で宿を取ってのんびり全駅を制覇するか、車(マイカーかレンタカー)で向かうのが良いでしょうか。

車の場合は、広島(三次市)もしくは島根(大田市)方面からだと、国道375号線を走り、途中で島根県道294号に入るルートで行けます。

最近では、「天空の駅」を巡るツアーも大盛況のようですよ。もし、お住まいのお近くからツアーが発着するようでしたら、そちらを利用するのもアリですね。

スポンサードリンク

実際に行ってきた人の感想は?

先ほど書いた、「天空の駅」を巡るツアーが人気というお話ですが、実は、三江線が、2018年の3月末をもって廃線になるのが理由の一つのよう。

廃線を知った方が、遠くから足を運んできているそうで、地元の方にとっては、複雑な気持ちかもしれませんね。

Twitterで、「天空の駅」に行ってみた方の感想を探してみました。

ホントに、山里の真ん中に、どーんとある駅なんですね〜。

2017年から2018年への年越し番組「ゆく年くる年」でも、紹介されたそう。

ライトアップされてキレイです。

https://twitter.com/kitakurihama763/status/948379302994763776

116段の階段の始まりはこんな感じ。

ここからが地獄だ…(違う)。

https://twitter.com/FischersTOKYO/status/946580483512471552

地元の方にこんな風にしてくださってる…と思うと、なんか、じーんとしちゃいますね。

『あまちゃん』のワンシーンを思い出しました(あちらは、運行再開を喜んでいるところでしたが…)。

まとめ

元々、三江線の運行が始まったときから、利用する人は少なかったのだそう。それでも、何回も持ち上がった廃線の危機を乗り越えてきたのに…ついに、2018年に廃線。

今後は、駅の再利用や代替運行をどうするのか…などの課題もあるようです。「宇津井」駅は、何か観光施設として利用できるかな?(展望台的な何か?)

廃線の日までは、多くのお客さんで、混雑しそうですが、「天空の駅」からの風景やのどかな三江線を楽しめるのは今だけ!春が来るまでに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-場所

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.