tamazoo-night-top

イベント

多摩動物園2016夜間営業は8月土日全て!詳しい日程と料金イベント大量

2016/10/18

多摩動物園で2016年の夏に夜間営業を予定されてます。期間限定ですが多摩動物園の場合、8月中の週末を中心にその他数日だけ夜間に開催。

夜間営業する動物園でスケジュールによっては都合がつかない場合もあるかもしれません。多摩動物園では土日の他に何日なのか?時間や入場料、そして特別イベントなども調べました。

スポンサードリンク

多摩動物園の夜間営業期間は?

期間

2016年8月の土日全てと8月15日(月)、16日(火)
8月中、一ヶ月の期間実施していますが、バラバラになってます。基本的には土日、そしてお盆周辺の15、16と平日にも実施します。

名前があります。「サマーナイト@TamaZoo2016」です。なんだかオシャレなネーミングだと思うのは僕だけでしょうか?

時間

時間は9時半から夜は20時まで開園。ただし入園は閉園自国の1時間前まで。つまり19時までです。
多摩動物園では夜間は土日をメインにやってるので平日はいつも通りの時間に終了するため17時の閉園になります。サマーナイトとしては3時間延長ですね。

入園料

一般 600円
65歳以上 300円
中学生 200円
小学生以下と都内在住在学の中学生 無料

※中学生は無料にしたい場合は生徒手帳を持って行ってください
※障害者手帳、愛の手帳(療育手帳)があると付添者1名は無料

場所

新宿駅から高幡不動駅(京王線特急・京王八王子行)
高幡不動駅から多摩動物公園駅(京王動物園線・多摩動物公園行)
その後は徒歩3分で動物園につきます。

スポンサードリンク

特別イベント「サンセットアカデミー」

飼育係のスペシャルトーク、科学映画の上映や昆虫教室など子供の夏休みの宿題にも役立つような内容が多めです。事前予約が不要なものが、ほとんどなので気軽に参加できそうですね。

Photo by photock

Photo by photock

 

■スペシャルトーク道東の冬の野生生物
北海道の知床や釧路など、道東に生息する野生動物たちの冬の様子を写真を使いながら紹介

■科学映画の上映とスペシャルトーク知られざるニホンザルの世界
長野県の北部、地獄谷で暮らすニホンザルの群れに密着したドキュメントムービーの上映とお話

■オーストラリアの花のお話とプリザーブドフラワーのワークショップ
実際のワイルドフラワーを加工したプリザーブドフラワーのアレンジメントのワークショップ

■見て触って体験しよう!動物園の標本室
通常は非公開で倉庫に保管されている当園保有の標本を大公開。

■タスマニアデビルのスペシャルトーク
アジアで唯一、多摩動物公園でしか見られないタスマニアデビルの紹介

■親子で学ぼう!人間と動物のつながり 縄文人のくらしを探る
8月20日限定、定員15名の事前申し込みが必須

■オーストラリア・アボリジニ文化の紹介と民族楽器ディジュリドゥの演奏
オーストラリアの先住民族であるアボリジニの文化をご紹介し、民族楽器ディジュリドゥの演奏

■葛西臨海水族園の移動水族館がやってくる!
移動水族館がやってきます

特別イベント「昆虫教室 秋の鳴く虫教室」

■秋に鳴く虫をご紹介
秋に鳴く虫をご紹介

■モルモットとおともだち
かわいいモルモットのふれあい体験

■コウモリを観察しよう!
アブラコウモリを観察。コウモリの飾りをつけて記念撮影ができるブースもあり

■初心者向け鳴く虫を聞く会
園内をゆっくり歩き、聞こえてくる虫の声を昆虫園の飼育係が解説

■虫となかよし会
いろいろな虫に触って、昆虫たちの不思議を体験

■旧類人猿舎公開
ゴリラやチンパンジー、オランウータンを飼育していた動物舎の様子を案内

■動物イルミネーション
ゾウやキリンなどの輝くLED動物イルミネーション

注意点

それぞれのイベントは毎日やってるものではなくスケジュールが決まってるので今日は何をやってるか?は当日変更になる可能性もあるため公式サイトのイベントページでチェックして確認してください。
多摩動物園公式サイト

昼も夜も8月中は何度も楽しめる

夜間営業を開始してるのは土日ですが、普段よりも夏休みはイベントが多めに設定されています。上記で紹介されているイベントは、だいたいが平均すると16時から18時。18時半までのイベントもあります。

つまり夜間営業している分、少し長いため平日より土日は時間を気にせずに楽しめますよ。

イベントに参加してる間に動物をもっと見たかったのに時間がなくなってしまった。と後悔することもなく、たっぷり時間があるので、昼過ぎ、夕方くらいからの参加が一番楽しめそうです。ただし、混雑はとてもすることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

楽しめるイベントは毎回違うものが用意されているので8月中は何度かに分けていっても十分楽しめますね。子供は夏休みのイベントとしては楽しい思い出になると思います。

飲食施設やビアガーデン他

Photo by photock

Photo by photock

子供を連れて行ってあげて、クタクタなところに大人も楽しいビアガーデンが臨時でオープンします。お土産施設もビアガーデンも閉園時間まで開いているので、いいタイミングで利用するといいですね。

ただし、ラストオーダーは19:30なので注意してください。閉園の20時ギリギリだと落ち着かないので足を運ばないかもしれませんが、食事や休憩で飲むなら少し早めに行くと安心ですよ。

お土産施設は20時までやってるので、安心して子供にねだられて買ってください(笑)

公式サイトから引用しておきますね

【アフリカ売店(軽食・生ビールなど)】
営業時間 9時30分~19時30分

【コアラ下売店(お食事・生ビールなど)】
営業時間 9時30分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

※コアラ下売店向かいのカンガルー広場にてビアガーデンがオープン!(雨天中止)
営業時間 16時00分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

【ズーカフェ/ウォッチングセンター内(軽食・生ビールなど)】
営業時間 9時30分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

【ギフトショップ・コレクション/正門(お土産品販売)】
営業時間 9時30分~20時

貸し出しサービス

多摩動物園ではベビーカーを貸し出してくれるサービスがあるようです。小さい子供、赤ちゃんがいる家庭は大変助かりますよね。

これって実は凄いお客さん目線の素敵な気配りだと思うんです。電車でベビーカーは迷惑で使いづらく、かといって園内ではベビーカーがないと、ずーっと抱っこしてるのは正直しんどく動物園なんて楽しむ余裕がなくなるかもしれません。

ただ市、1日レンタルで500円です。台数に限りはあるのか記載はありませんでしたが、限界はあると思うので借りるならば早めの時間だと安心しますね。

まとめ

多摩動物円は広いので動物の影響を考えて一部は17時以降で閉園するようです。そしてご覧いただけない動物や施設にシマウマやトキ、ワラビーなどが記載されていて、他には例えばライオンは19:30までで終了など制限も幾つかあります。

基本的には夜間営業の時は20時まで観れるものが多いですがギリギリよりは夕方が理想的ですね。さらに詳しい情報は多摩動物園公式サイトにあるので行く前にはチェックしましょう

サブテーマが「ゆったりのんびり夜の動物園」です。夏の夜の思い出に1度足を運んでみるのもいいかもしれませんよ。

また、夜間営業は上野動物園でも実施していますが1週間のみです、詳しくはこちらの関連記事へ【上野動物園】2016夏の期間限定で夜間営業!日程や入場時間と料金は?