記念日

タクシーの日は8月5日に会社が営業した日に由来する?歴史やイベントについて

投稿日:

田舎に住んでいるとタクシーに乗ることがほとんどない(自家用車での移動が多いため)のですが、旅に出かけたときには、ときどき利用します。

運転手さんとのコミュニケーションが面倒くさいと思う方も多いと聞きますが、旅先だと道中、いろいろな話が聞けて楽しいですよ。

…と、それはさておき。そんな便利なタクシーに関する記念日があるのはご存じでしたか?その名もズバリ「タクシーの日」!この日は、全国的にイベントも開催されているようです。

今回は、「タクシーの日」の由来や日本におけるタクシーの歴史などについて、簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

タクシーの日の由来は?

「タクシーの日」は、東京乗用旅客自動車組合(現:東京ハイヤー・タクシー協会)によって1984年(昭和59年)に制定された記念日です。

「タクシーの日」とされている8月5日は、日本で初めてのタクシーの営業が始まった日。

そのことを記念し、快適で安全なタクシーの利用を推進するとともに、業界内での意識を高め、より良いサービスの向上に努力することを目的にしているのだとか。

その後、全国のタクシー業者にも活動が広がり、「タクシーの日」には各地でイベントなどを開催しているようです。

タクシーの歴史も気になる!日本初のタクシーってどこで始まったの?

さて、日本で初めてタクシーの営業が始まったことを記念して制定された「タクシーの日」。

日本で初めてのタクシーはどこから始まったのでしょうか?

その歴史をひもといてみると、時代は明治と大正が入れ替わる1912年、場所は東京・有楽町ということのようです(日付で見ると、8月はまだ明治時代)。

有楽町数寄屋橋際(現在の有楽町マリオンがある場所)に設立された会社(タクシー自働車株式会社)が、T型フォードを6台使用して営業を始めたのだそう。

T型フォードとは、こんな感じの車。

今見ると、レトロで素敵〜♪という感じですが、当時はコレが最先端だったんですよね〜。

車に乗っている人も少ない時代でしょうし、お客さんたちは、さぞ良い気分で乗っていたことでしょう。

このタクシーには、料金メーターも付いていて、最初の1マイル(約1600m)が60銭、以後1マイル毎に10銭増しという料金だったそう。

参考 : まなぼう

こちらのサイトを見てみると、明治時代の1銭は現在の200円くらいになるとか。

ということは、60銭は12000円!!

今は、ところにも寄りますが、初乗り運賃は1kmあたり400〜600円くらいでしょうか。

昔のことを考えると、今は、思いっきり身近な料金ですね。

スポンサードリンク

タクシーの日のイベントってあるの?

「タクシーの日」には、全国各地の関連団体がタクシーに関するイベントを開催しているようです。

街頭でグッズを配布したり、会場を設営して新型タクシーの展示や撮影会をおこなったり、大人から子供まで楽しめるように工夫されていますよ。

車の博物館「トヨタ博物館」でも、この日を含む期間、タクシーに関連した展示がおこなわれていたとか。

「タクシーの日」を含む8月中、乗車した方にアンケートを配布している地域もあるそう。

アンケートに答えると素敵な商品が当たるかも!?

まとめ

家の近くまで迎えに来てくれて、目的地までしっかり送り届けてくれるタクシー。

最近は、介護が必要な方や妊婦さん向けのサービスを充実させている会社も多いようです。

出かけたいけど、自力ではなかなか…という方には、タクシーは本当に便利な乗り物ですよね。

「タクシーの日」には、各地で開催されているイベントに、タクシーに乗ってお出かけしてみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.