イベント 映画・アニメ

【追憶】映画の感想は感動した人が多い?富山のロケ地やマップも紹介

更新日:

富山県を舞台にした映画『追憶』。

主演の岡田准一さんを始め、小栗旬さん、長澤まさみさん、吉岡秀隆さんなど、豪華俳優陣が出演されることで話題になっている作品です。

監督の降旗康男さんと、撮影の木村大作さんは、『駅 STATION』や『鉄道員(ぽっぽや)』やこれまでも何度もタッグを組んでいたのだそう。

こだわり抜いて作られた『追憶』は、多くの人を感動させているようです。映画を見た人は、どんな風に感じたのか?気になったので調べてみることにしました。

追憶の上映期間はいつまで?

『追憶』が公開されたのは、2017年5月6日。

映画「追憶」公式サイト

通常、映画の上映期間は、4〜6週間です。

じわじわと観客数が増え、ロングランになる作品もありますが、見たい作品を見逃さないためにも、公開から1ヶ月以内には見に行くほうが良いかもしれません。

…というわけで、『追憶』も早めに観に行ったほうが良さそうですね。

お近くの映画館での上映時間などチェックしてみてください。

追憶シアターリスト

スポンサードリンク

 

追憶のみんなの感想

Twitterで、『追憶』に関する感想を集めてみました。

岡田君お目当てで見に行く方が多いようですね〜。

岡田君ファンの女性だけでなく、おじさん(失礼)が見ても感動できる作品でもあるようです。

いろいろと考えさせられるお話という感想も多かったです。多分、皆さん、ネタバレしないように、言葉を選んで感想を書いているのかと。

スポンサードリンク

 

追憶のロケ地紹介

『追憶』の公式サイトでは、ロケ地についても紹介されています。

映画「追憶」公式サイト 作品情報「PRODUCTION NOTES」

中でも、物語の中心となる富山県での撮影は重要なものだったよう。

最初に撮影を始めたのは富山市の八尾地区。

富山県富山市八尾町諏訪町

「おわら風の盆」で有名な場所でもあります。

おわら風の盆は、江戸時代から続いていて、越中おわら節に合わせて踊り手が練り歩く”町流し”が印象的なお祭り。このほか、富山市内の旧・富山中央署や富山赤十字病院などでも撮影がおこなわれたようです。

富山市内・周辺にお住まいの方なら「おぉぉ〜」と思うような場所で撮影がおこなわれていたんですね。

映画館(北陸地方のみ?)によっては、「ロケ地MAP」がもらえたみたいです。富山県内では、氷見市の小杉漁港でも撮影がおこなわれたそう。その関係で、こちらでもロケ地MAPを配布中のようです。

Twitter 氷見市観光協会

気になる方は、問い合わせてみてくださいね。

まとめ

岡田さんや小栗さんお目当てで、この作品を見に行った方も(そうでない方も)、若い方でも、年配の方でも、物語に引き込まれてしまうようですね。

ミステリーのようでもあり、ヒューマンドラマでもあり…。皆さんは、どんな風に感じられるでしょうか。

富山や北陸の美しい風景も堪能できる作品なので、ぜひ、地元の方にも楽しんでもらいたいです。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント, 映画・アニメ

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.