turmericpower-timing-to-drink-top

食事

ウコンの力の効果的な飲み方はいつ飲むといい?タイミングは飲む前?

石丸幹二さんが、CMイメージキャラクターをつとめる「ウコンの力」。

毎年、忘年会のシーズンが近づいてくると、ウコンの力のCMの放映回数が増えているように思うのは、気のせいでしょうか?

宴会の前には、ウコンの力を飲みましょう、ということなのでしょうが、実際、お酒を飲む前に、ウコンの力を飲んでおくと、どのような効果があるのでしょうか?

ホントに効果があるのかな?と思いつつ、調べてみました。

スポンサードリンク

ウコンの力って、何?

コンビニに行くと、ぱっと目に付くところに売られていることが多いウコンの力。

それだけ、多くの人(特に、サラリーマン?)に購入されているのでしょうね。

ウコンの力は、ハウスウェルネスフーズから発売されている「明日の元気をサポート」するドリンクです。

はっきりと「○○に効果があります!」と書いていないのは、ウコンの力のような「健康食品」と「薬」とを区別するため。

まぁ、そうは言っても、ウコンの力を買う人のほとんどは、何かしらの効果を求めて買っているのでしょうけど…。

成分やカロリー、値段などについて

ウコンの英語名は、ターメリック。日本では、カレーに入れる香辛料としても有名ですよね。

そのウコンですが、クルクミンという成分が豊富に含まれているようです。

クルクミンには、肝臓の機能を向上させる効果があるので、お酒を飲む方に、必要な成分と言えますね。

ウコンの力には、そのクルクミンが30mg含まれているそう。

 

それは、カレーに含まれる分量でいうと、5杯分とのこと!

 

肝臓の機能を高めるだけでなく、整腸作用など消化器系にも効果があるようですので、お酒を飲まない方にもおすすめしたいところです。

ウコンの力のカロリーは、1本100mlが20kcal。

これから、たっぷり飲んだり食べたりする前でも、安心ですね。

コンビニでの価格は、1本200円ほどですので、宴席の前に1本、試しに飲んでみませんか?

 

スポンサードリンク

効果的な飲み方って?

やっぱり、「(お酒を)飲む前に飲む」のが一番のように思いますが、実は、いつ飲んでも良いのだそう。

アルコールの分解には、6〜7時間かかるので、その間なら、いつ飲んでも効果が期待できるようです。

酔っ払ってしまうと、ウコンの力を飲むのを忘れてしまいそうなので、先に飲んでおく方が良いかもしれませんね。

ウコンの独特な味が苦手な方には、カシスオレンジやパイン&ピーチなどいろいろな味の付いたウコンの力もありますので、そちらもどうぞ。

水なしでも飲める顆粒タイプも販売されているそうなので、ポケットにも入れておけますね。

ただ、過剰摂取や肝臓に病気を持っている方には、副作用がある場合がありますので、注意が必要です。用法用量を守って、摂取するようにしてくださいね。

まとめ

年末年始は、宴会が続いて、胃腸や肝臓に負担がかかる時期です。

宴会の次の日が辛い…、と思うことも多いのでは?

そんなときには、ウコンの力を借りてみましょう。

かといって、ウコンの力を飲んだから、と安心して、暴飲暴食してしまっては本末転倒ですよ。どんなことでも、「ほどほど」が一番。

ウコンの力を飲んで、楽しい一時を過ごせると良いですね。