記念日

野菜の日は8月31日!イベントやキャンペーンをしてる企業はどこ?定番はリンガーハット

投稿日:

皆さんは、毎日、野菜を食べていますか?

野菜の1日の摂取量の目標は350g。野菜そのものの重さとしては、きゅうりが1本約100g、小さいサイズのピーマンだと5個でやっと100gになるのだそう。それを考えると、1日に350gの野菜を摂るのって、なかなか難しいですよね。

でも、健康のためには、できるだけ野菜を食べたいもの。そんな野菜をPRするために制定された「野菜の日」があるのはご存じでしたか?

スポンサードリンク

野菜の日とは?831が理由と由来?

「野菜の日」とは、1983年に、全国青果物商業協同組合連合会をはじめとする9団体の関係組合が定めたもの。

毎年、8月31日が「野菜の日」となっています。

由来は、見たまんま、”8(ヤ)3(サ)1(イ)”のゴロ合わせ。

もっと野菜のことを知ってほしい!食べてほしい!という思いから誕生したそうですよ。ちょうど、夏には、豆類やきゅうりやトマトにピーマンなど旬の野菜も豊富です。

実は、カボチャも夏に収穫できる野菜の一つなんだそう。

最近は、いつでもいろいろな野菜が買えるので、旬をあまり感じなくなりましたが、健康的な食生活を送るためには、それぞれの季節に合わせた野菜をたっぷり食べたいですね。

野菜の日のイベントは?リンガーハットと他はどこ?

さて、毎年8月31日には、野菜に関係する企業や団体がイベントを開催しています。

JAグループでは、野菜の収穫ができたり、トークショーがあったり…と盛りだくさんな内容のイベントを開催。キユーピーでも、過去には「野菜の日」に食べたいレシピを公開したり、期間限定でカフェをオープンしたりしていたそう。

お近くのスーパーなどでも、この日に合わせて、野菜の特売がおこなわれるかも!?この時期には、チラシをこまめにチェックです!

また、長崎ちゃんぽんのお店「リンガーハット」では、8月31日に限らず、毎月「日本の野菜の日」を決めて、野菜たっぷりのメニューをお得な価格で提供しています。

美味しいちゃんぽんと一緒に、野菜もたっぷり食べられるのは嬉しいですね♪

スポンサードリンク

ところで野菜の日持ちはどれくらい?野菜を長持ちさせるには?

天候が不順になると、一気に値段が上がってしまう野菜。

野菜は食べたいけど、値段が高くて…と悩ましい日々が続くことも。できれば安いときに買いだめしておきたいけれど、生の野菜はあまり日持ちがしないイメージですよね。

でも、根菜(ジャガイモやにんじんなど)は上手に保存すれば1ヶ月以上保存することができるそう。

ジャガイモは、日光が当たらないように新聞紙などでくるんで冷暗所に保管

にんじんも寒い時期には冷暗所での保存ができる野菜です。夏には、新聞紙などにくるんで冷蔵庫へどうぞ。

ほうれん草などの葉物野菜は、買ってきてすぐに茹で、カットしてから冷凍しておくと便利です。

低価格野菜の代表、もやしも茹でて冷凍保存可能だそうですよ。

もやしは傷むのが早いので、いつも1袋ずつしか買っていませんでしたが、これからは、たくさん買い込んで冷凍しておきたいと思います。

まとめ

実は、夏は1年の中でも、野菜を食べる量が少ない時期なのだそう。

暑い時期なので、長時間コンロの前で調理をするのも大変です。

そのため、野菜の摂取量が減ってしまうんですって。

美味しい夏野菜が出回るシーズンなのに、もったいないですね。

「野菜の日」を機会に、日頃の食生活を見直してみたり、野菜の美味しさを改めて知ることができれば…と思います。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.