記念日

世界観光の日の由来!海外へ行くならどこ?外国からの観光客を案内するならどこが良い?

投稿日:

皆さんは「世界観光の日」という記念日があるのはご存じでしたか?

私は、今回、初めて、この記念日のことを知りました。

…だって…海外なんて、人生の中で1回しか行ったことないよ!!

世界中を旅行できる人がうらやまし〜〜!

…とそれはさておき。

今回は、その「世界観光の日」やもし海外に行くならどこに行こう…?という妄想、そして、海外からのお客様を案内するならどんなところが良いだろう?という点について、独断と偏見でまとめてみました。

スポンサードリンク

世界観光の日っていつ?由来も気になる!

「世界観光の日」は、9月27日。

この日を制定したのは、スペインに本部を置く〈世界観光機関(UNWTO)〉が制定したのだそう。

日本国内で制定されたものではないんですね〜(そりゃそうか…)。

1970年のこの日に、世界観光機関憲章が採択されたことが由来だそうですが、簡単に言うと、世界各国で観光への意識を高め、観光が各地の社会や経済など、さまざまな事柄に関して与える価値について考えよう、という日なんだとか。

UNWTOに加盟している各国では、この日に合わせ、観光推進のための活動がおこなわれているそう。

日本でも、ここ数年、外国人観光客が増加の一方となっています。

観光庁の設立など、これまで力を入れてきたことが形になってきているんですね。

海外への旅行、みんなはどこへ行ってる?

さて、皆さんは海外旅行というと、どこへ行くことを思い浮かべますか?

世代的に言うと、私(アラフォー)なら、やっぱりハワイでしょうか。

今でも、芸能人の方なら、お正月をハワイで…というのはよく聞きますものね。

実際のところはどうなのかな?と思って、調べてみると、JTB総合研究所の最新の調査にでは、韓国や台湾など、日本から数時間で行ける距離にある国や地域に出かける方が多いようです。

私も、むかーしむかし、香港に行きましたが、近い上に、食べものも美味しいし、観光するところもたくさんあるし…で楽しかったなぁ〜。

近くの国だと、リピーターの方も多いのでしょうか。

私も、香港にまた行きたいな…。

スポンサードリンク

外国からのお客様を案内するなら…?最近は、モノより思い出!?

今度は、逆に、海外からのお客さんを迎える立場としてのお話。

東日本大震災が発生した2011年にいったん落ち込んだものの、それ以降は、増加し続けている外国人観光客。

我が家のような田舎周辺でも、外国から来た方かな?と思うような方が、あちこち見て回っているところに出会わすようになりました。

一時は、日本の家電や化粧品などをどっさり買って帰る〈爆買い〉がブームでしたが、最近では、モノを買うより何かを体験して帰る、という方が増えてきているとか。

簡単な着物を着せてもらって街歩きをしたり、その土地の名産品の製造工場を見学・試食したり…というのも人気のようです。

私たちにとっては、見慣れているようなモノや場所でも、海外の方にとっては珍しいものかもしれません。

もし、海外からお友だちがやってくるという予定があるなら、一緒に楽しく体験できるようなところに案内してあげると喜んでくれるかも!

まとめ

「世界観光の日」について知らなかった私ですが、この日は、ただ単に、世界各地で観光を楽しむだけの記念日ではないことがわかりました。

もちろん、楽しいに越したことはないのですが、いろいろなトラブルが起こることも海外旅行の醍醐味というか…(ただし、生命の危機に関わらないことに限る)。

でも、できるなら日本に来てくれた海外の方には、楽しい思い出だけを持って帰って欲しいので、もし、街中で困っている人を見つけたときには、積極的にお手伝いしてあげたいな〜と思いました。

…そのためには、せめて最低限の英語ができないとね…。

しっかり、勉強します…。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.