イベント エンタメ レビュー

だいすけお兄さんのコンサート「世界名作劇場 2017」に行った感想

投稿日:

2017年3月に『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんを卒業してしまった、横山だいすけさん。

「だいすけロス」という言葉も生まれるほど、ショックを受けたママさんたちも多かったと思います。

でも、卒業後は、バラエティやドラマなど、民放の番組にたくさん出演してくれているので嬉しいですが、今まで以上に忙しくなってるのでは…?と心配する気持ちもあったり…。

そんなだいすけお兄さんが、初のソロツアーを実施中。

私も4歳の娘と一緒に観に行ってきました〜♪

スポンサードリンク

『だいすけお兄さんの世界名作劇場2017』って?

今回、関西を中心におこなわれる『だいすけお兄さんの世界名作劇場2017』。

だいすけお兄さんの世界名作劇場

”名作劇場”というタイトルなので、いろいろなお話(童話)をテーマにした歌を歌ってくれるのかな?と思っていたのですが…。

実際に見てみると、ちょっと想像とは違っていました。

ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、第1部は、だいすけお兄さんがピーターパンに扮していろいろな歌を歌う…というミュージカル仕立てでした。

第2部は、『おかあさんといっしょ』のファミリーコンサートのような感じかな?

みんなで一緒に楽しめるような歌を歌ってくれましたよ。

会場の様子は?

会場は、ベビーカーに乗っているような赤ちゃんから、ちょっと大きなお友だちまで、子どもたちで大賑わい!

私たちが会場に着いたとき、外にはちょっとした行列ができていたのですが、そこには、お兄さんのミニキャラパネルと写真が撮れるコーナーがあったようです。

ファミリー向けのコンサートということで、ロビーには、ベビーカー預かりコーナーもありましたよ。

コンサート中は、あちらこちらで赤ちゃんの泣き声が聞こえたり、泣き出した赤ちゃんを抱えたママさんが遠慮がちに移動していく姿もちらほら…

でも、だいすけお兄さんは「会場で子どもの泣き声がするのは、大丈夫。なんでもアリ(と、いうわけでもないですが…)ですよ〜」と言ってくれてました。

ホールが暗くなったり、急に大きな音が鳴ったりするので、赤ちゃんがビックリして泣いちゃうのは仕方ないですもんね〜。

なので、小さいお子さんと一緒に行きたいと思ってる人で、泣いちゃうか心配な人はあまり心配しなくても大丈夫ですよ!

まぁ、だからと言って、保護者側が「仕方ないでしょ!」とふんぞり返ってるのは、また別の話ですが…。

スポンサードリンク

お楽しみはいろいろ!

コンサートのもう一つのお楽しみ、グッズコーナーも、すごい人だかり!

人気があったのは、ガチャガチャ(1回500円)コーナー。

特賞(1公演につき5家族)は、なんとお兄さんと一緒に写真が撮れるのだそう!

金賞は、サイン入りブロマイド!

…とのことですが、私たちは、缶バッジ+タトゥシールとキーホルダー(しかも、ノーマルタイプ…)という残念な結果でした。

ガチャガチャ以外のグッズも、Tシャツ(2000円:子ども用サイズ100cmのみ)や、スティックバルーン(700円)、ハンドタオル(1000円)など、いろいろあって、目移りしてしまいました(結局、何も買わずでしたが…)。

まとめ

我が家の娘は、4歳なので、長時間(といっても1時間ですが…)のコンサートだと飽きてしまうのでは…?と心配していたのですが、歌あり、ダンスありのミュージカル仕立てだったので、十分、楽しんでいたようです。

会場に行くまでは、「だいすけおにいさんって、ほんまにいてるんかなぁ?」とだいすけお兄さんの存在自体を理解できていなかった娘。

ちゃんと、目の前で動いて歌っている姿をみて、だいすけお兄さんが実在の人物だと確認できたみたいで一安心しました。

帰り道、娘と二人で、「次は、『おかあさんといっしょ』のファミリーコンサートに行こうね〜」と語り合いましたが…こっちは、また、チケットを取るのに苦労しそうだなぁ…。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント, エンタメ, レビュー

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.