80degree-banana-howtomakediet-effect-top

食事

80度バナナの作り方や加熱時間は!ダイエットには効果があるの?

80度バナナってご存知ですか?

「焼きバナナ」とも呼ばれている、この食べ物が今健康食品として注目されています。

今回は、そんな80度バナナや焼きバナナの作り方とその効果をご紹介します!

スポンサードリンク

80度バナナの作り方

80degree-banana-howtomakediet-effect-01

基本の作り方

  1. バナナの皮をむき、中身を真ん中で切って2本にする。
  2. アルミホイルを広げて、そこにバナナを置く。アルミホイルを半分のところで折り返し、端を閉じて袋状にする。
  3. 中火で焼く。香ばしいにおいが漂ってきたら、反対側も焼く。
  4. アルミホイルから開けたらできあがり。

コツは80度に保つために、焼き過ぎないこと。

完全に焼くのではなく、少し焼き目がついたかな…ぐらいがベストタイミングです。

中身にも熱を伝えるために、袋状にしたアルミホイルを使うと失敗がなく済みますよ。

バナナの持つ栄養成分

80degree-banana-howtomakediet-effect-02

バナナはもともとたくさんの栄養素を含んでいます。

わかりやすいように一覧にするとこんな感じになります。

ビタミンC コラーゲンとヒアルロン酸の働きを助ける
カリウム 取りすぎた塩分を排出してむくみを予防する
ポリフェノール 免疫力を上げる
マグネシウム 血管を拡張して血圧を下げる
食物繊維 便秘に効く

どうでしょうか代表的なものをあげただけでもこれだけあります。

生でもこれだけの栄養素があるのですが、バナナを加熱することで、水分が小初して、栄養成分を凝縮して取ることができます!

スポンサードリンク

ダイエット効果はあるの?

80degree-banana-howtomakediet-effect-03

ズバリあります!

まず、加熱すると甘みが増すんです。

ダイエットをしているときは甘いものがほしくなってしまうと思うのですが、80度バナナにすると、カロリーはそのままでより甘みを感じることができます。

また、バナナをやくとバナナに含まれるフラクトオリゴ糖という成分が増加するため、このオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、おなかの調子を整えて便秘を防ぐことができます。

そして、血圧を下げる効果もあります。 くわえて食物繊維も豊富にあるので、満腹感をしっかり得ることができ、小腹がすいてしまったときにぴったりです。

ツイッターでの80度バナナの話題

他にもたくさんありましたが、みなさん80度バナナ頻繁に作ってるようですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

読んでいるだけで、甘さを想像できた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少しの手間で、ダイエット効果と麺絵力アップを見込める80度バナナをぜひ一度作ってみてくださいね。

バナナはちょっと…という方にも食べていただきやすくなることもポイントです。