ガジェット

バンダイのダンゴムシ(ガチャ)を予約して全種類コンプリートするならショップがオススメ!

更新日:

小さなおもちゃや小物がカプセルの中に入っている”ガチャポン”。

”ガチャガチャ”と言ったり、単に”ガチャ”と言ったりもします。中でも、バンダイから販売されているものは「ガシャポン」という商標登録になっているそうで、そちらは”ガシャ”と呼ばれることも。

さて、そんなガシャポンに、まさかの新商品が登場。なんと巨大なダンゴムシ!

リアルさとギミックで度肝を抜くような仕上がりになっているそうですよ!

ダンゴムシがガシャポンに登場!?

バンダイのガシャポンに新登場するのは、ダンゴムシをリアルに再現した「だんごむし」(注:昆虫の名称としての”ダンゴムシ”と商品名としての「だんごむし」で書き分けています)。

しかも、通常のダンゴムシを1000%のスケールにしているので、迫力満点!!

筐体から排出されるときには、本物のダンゴムシのように丸まった状態になっているそう。

そのため、こちらの「だんごむし」は、通常のガシャポンとはことなり、カプセルがない状態での販売になっているとか。

あまりにリアルなので、ムシが苦手な方には、オススメできませんが、実は開発担当の方もムシが苦手だったのだそう。

よくそれで、ここまでリアルなのを作れたな…と感心します。

ラインナップは3種類!1回の値段は?

ガシャポン「だんごむし」のラインナップは3種類。

普通の「だんごむし」と、珍しいながらも実在するという「青いだんごむし」「白いだんごむし」の3つが登場するそう。

青いダンゴムシは、とあるウイルスに感染している個体。青という、自然界の中では目立つ色合いになっているため、鳥や動物に捕まりやすくなるのだそう。

それは、ウイルスが、もっと広い範囲に広がるための作戦なのだとか。

…恐ろしい…!

白いものは、色素を作る遺伝子に変化のあった個体で、こちらも自然界では生存率が一気に下がってしまうようです。

そんなレアなダンゴムシがお家に飾れるなんて…!

ダンゴムシ好きには、たまらないアイテムになりそうです。

ガシャポン「だんごむし」のお値段は、1回500円(税込)。

うーん、このクオリティなら、このお値段でも納得…かな。

通販でコンプリートセットを買うほうがお得…?

さて、1回500円のガシャポン「だんごむし」。

3回のチャレンジで、コンプリートできるのが一番ですが、なかなか当たらないのがガシャポン…。

それが、ガシャポンの魅力の一つでもあるのですが、手持ちの小銭が限られているときには、確実にゲットするのも難しいものです。

しかも、この商品は、1回500円となかなか何度も挑戦するのも気が引けるような…。

そんなときにオススメなのが、セット販売の大人買い!

楽天市場のこちらのお店では、まだ予約ができるそうです。

発売は、8月末とのことなので、予約しておけば安心ですね。

もしも、売り切れな場合はこちらのショップも売ってます

→だんごむし 全3種セット【2018年8月予約】

ツイッターでの評判とか!

おもちゃショーでは実物があったようですね!

まとめ

アラフォー世代で、幼いころ、”キンケシ”に夢中になった方も多いかもしれませんね。

私も、好きなアニメや漫画のガチャガチャを見つけると、ついついやってしまいます。

最近は、子どもがやりたがって仕方がないので、ちょっと困っているのですが…。

さすがに、我が家の子どもたちは、「だんごむし」のガシャポンを欲しがらないとは思いますが、それでも売っているところを見かけたら、筐体の中をのぞきこみたくなるかも。

でも、筐体の中にみっしりダンゴムシが入っているのかと思うと…ぞわ〜っとしますね。

そのうち、架空の色合いの「レインボーだんごむし」とか「蛍光色だんごむし」とかが、発売されないかなぁ〜?

それなら、ちょっと欲しいかもしれません。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-ガジェット

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.