子育て

ランドセルは使い終わったら財布にプロがリメイク?店に頼むならどこかチェックしてみた

投稿日:

我が家の下の子も幼稚園に入り、いよいよ、この次は小学校入学かぁ…と時の流れの速さにおののいています。

と、そんな中、思い出したのが、上の子のランドセル。男子が6年間使っていたわりにはキレイなので、捨てるにはもったいなく、まだ押し入れに入れてあるのですが…。

何か有効に利用することはできないかなぁ?と思い、調べてみると、ランドセルに使われている革を使ってリメイク品をいろいろ作ってくれるところがあることがわかりました。

でも、一体、どんな風にリメイクしてくれるのでしょうか?今回は、ランドセルのリメイクについて、私が気になったポイントなどを簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

ランドセルのリメイクって?実際どんな感じ?

ランドセルのリメイクと聞いて、私が最初に思い浮かべたのは、こちらのような、ミニサイズのランドセル。

こちらは、実際に使っていたランドセルの革を使い、1/4サイズに仕立ててくれるそう。

オルゴールを内蔵しているので、女の子は喜びそうですね。

こちらのお店でも、ミニサイズのランドセルにリメイクしてもらえます。

パーツ一つ一つを分解して、ミニサイズに組み立ててくれるんですね〜。

でも、我が家の息子は、こういうのに興味を示さなさそう…。

どうせなら、この先も使える財布やペンケースに!

ミニサイズのランドセルは、お部屋のインテリアにはなっても、実際に使うことはできないですよね。

どうせなら、この先、大人になっても使えるもののほうが良いかなぁ〜と思って調べてみると…。

こちらのお店では、ペンケースやコインケースなど、これから大人になっていく男の子でも、使えそうなものにリメイクしてくれるそう。

これなら、息子でも使ってくれるかな?

お値段もお手頃なのが嬉しいですね。

ただ、ランドセルが基本的に職人さんの手作りなのと同じように、リメイクを受け付けている工房でも、一つ一つ丁寧な作業をおこなってくれているので、仕上がりまでに時間がかかるようです。

また、卒業式直後から数ヶ月は、注文が増える時期になるそうで、数ヶ月から1年近く待たないといけないところもあるとか。

こちらの方は、注文からお手元に届くまで9ヶ月かかったようですね。

スポンサードリンク

自分でもできるかな!?

https://twitter.com/swykkn/status/913389374489862146

職人さんが丁寧に時間をかけて作業してくれているので、時間がかかるのは仕方ないとは思うのですが、上の方のように、2年もかかってしまったら、注文してたことも忘れてしまいそう…。

こちらの方のように、私も、もし自分でできるなら、簡単なものでいいので挑戦してみたいです。

かといって、裁縫(ほぼ)初心者の私がいきなり革を使った手芸に挑戦するのも恐ろしい…。

我が家の近くにレザークラフトの教室があれば、そこで一から習うのも良いかな?

こちらの方のような、小さな財布くらいなら私でも作れるようになるかもしれません。

…って、結局、レッスン料や追加で使う素材のことを考えたら、リメイクしてくれる工房にお願いしたほうが、時間がかかってもお安く済みそうですね。

まとめ

ランドセルは、6年間使うことを考えて、良い素材を使いしっかりと作られています。

それを小学校卒業と同時に、お役御免と捨ててしまうのはもったいないですよね…。

海外などに寄付して、使ってもらうというのも、もちろん良いことだと思いますが、本人や家族が思い出と共にこの後も使っていけるものにリメイクするのが一番良いかな?

今回調べてみて、案外、お手頃価格でリメイクしてくれることもわかったので、我が家でも検討してみようと思いました。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-子育て

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.