delivery-sushi-top

食事

【すし上等】銀のさらと違いは?感想と評判や注文時の感じを表現してみた

2016/10/30

デリバリーで寿司を頼んだことある人は銀の皿をご存知の方も多いと思いますが、銀の皿に姉妹店があるんです。そのお店は「すし上等」といって多少価格を抑えたラインナップになってます。

まだオープンから日が浅く頼んだこともない人多そうですが、試してみないと分からないって事で、この「すし上等」試しに注文してみました。実際に、どんな様子でどんな違いがあるのか紹介していきますね。

スポンサードリンク

銀のさらとすし上等の違い

寿司を出前で頼むときはどんな時でしょう?僕の場合、お正月やお盆、実家へ帰省した際に大勢で集まった時が多いですね。あとは、特別なお祝いごと、外食で外へ出るのが億劫な時です。

そんな時はうちでは奮発してお寿司の「銀のさら」で注文する時があります。

そして、つい先日いつものように「今日はお寿司頼んじゃおうか?」と考えてた時に姉妹店の「すし上等」というお店があることに気づいたんですよ。

せっかくだから一度も注文したことないし「すし上等」頼んでみようって事になりました。

すし上等を頼んでみようと思いましたが一体、銀のさらと何が違うんだ?と疑問は残しつつもパンフレットを見るとネタの種類や価格帯などの違いがありました。

銀のさらとすし上等の会社は?

「銀のさら」も「すし上等」も実は同じライドオン株式会社というところが運営してます。実際はグループ会社などで直接運営してない場合も店舗によってはありますが親会社は同じでグループ会社です。ライドオンでは他に釜寅が有名ですね。こちらも注文したことありますが、釜飯などが美味しいですよ

ライドオンは株式上場もしており株主優待も実施しています。興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか?ちなみに年間で5000円分の商品交換チケットがもらえます。株価も現在最低購入価格が安いので10万前後から可能です(2016年8月現在)

ライドオンの公式サイトです。

田中さん
同じ会社だったのかよ!?衝撃的

山田さん
田中くんは知らなかったのですね

銀のさら

宅配寿司で有名でデリバリーの寿司といえば銀のさらと言ってもいいのではないでしょうか?ネタも新鮮で価格もそれなりにするので味も美味しく、外れも少ないですね。

メニューなどに関しては公式サイトやポストに投函されるチラシなどでわかりますが、例えばこんな商品があります。

加賀(かが)

ボリューム、価格ともに満足をお約束する『銀のさら』人気の桶盛り。

ginsara-menu-kaga

参照 : http://www.ginsara.jp/menu/kaga-5_1_detail.html

半イクラ・マグロ・イカ・ビントロ・甘エビ・サーモン・あなご・玉子・ネギトロ・鉄火巻
写真は5人前です。4人前で4,600円(4,968円/税込)

計算すると1人分で1242円です。家まで運んでくれて味も美味しく、この値段なら満足ですよね。価格と中身のバランスのとれたラインナップだと思います。

瑞穂(みずほ)

極上ネタを贅沢に盛り込んだ『銀のさら』定番の高級桶。おもてなしにもぴったり。

参照 : http://www.ginsara.jp/menu/mizuho-5_1_detail.html

参照 : http://www.ginsara.jp/menu/mizuho-5_1_detail.html

中トロ・マグロ(ネタ大)・イカ・ハマチ・生エビ・サーモン(ネタ大)・上あなご・ウニ・イクラ・切玉子
〈本マグロ中トロ使用〉4人前  8,200円(8,856円/税込)写真は5人前です。

こちらも1人あたりを計算すると2214円になります。極上でウニなども入ってるため加賀よりは値段は上がります。

この他にもメニューのラインナップも豊富で選ぶ際には迷ってしまうくらいあり、丼や、ちらしもあります。

電話注文も可能ですが、出前館や楽天デリバリーなどを通すとポイントももらえて電話注文の煩わしさも無くなりますので、オススメです。

銀のさら公式サイトです

すし上等

続いてすし上等は、とてもシンプルです。公式サイトを見てみると分かりますがサイトもシンプルな作りです。
そして動画のCMが目立ち気になりますね。どんな動画かというと、、、

こちらは違うパターンの弁護士編らしいです

もちろん、僕も注文前にこの動画はなんなのだろうか!?と見ましたが普通でした。ソフトバンクやauなどのような面白さもありませんが、それでもウェブの動画広告なので十分コンセプトは伝わるので問題ないですね。

とにかく、気軽に!安く!寿司を食べたいけれど寿司って気軽じゃないじゃん!という枠を取っ払った感じにしたいのが「すし上等」

気取らず、メニューもシンプルに選びやすく!こんなイメージです。

ところで、すし上等では上等な三か条というものがあります。順番に見ていきましょう。

1 . 1人前の注文が大歓迎

どの商品を選んでも1人前から配達可能です。ただし注文が1500円以上なら無料ですが以下だと200円かかっちゃいます。一人から注文できる手軽さが配達料という形で敷居が高くなってしまいますが200円なので割り切るしかないですね。

2 . 後片付け上等

銀のさらでは通常、立派な容器に寿司がのっていて食後は返却の必要があります。注文時に選べますが、すし上等では最初から容器の返却が不要!として使い捨て容器になってるので、食べ終わったらポイ!と捨てるだけでokです。
器やお皿って料理の見栄えにも関わってくるので、ちょっと味気ないですが、ささっと食べたい時はちょうどいいですね。

3 . わがまま上等

ネタを替えることや、わさび抜き、シャリは小さめなど、まるでラーメン屋のように自由に決めていいそうです。わさび抜きなどは銀のさらでも出来るのでわがままの種類がもっとあったら面白いですけどね。

すし上等のメニュー

数は多めではないので迷わず選びやすい事が特徴のメニューですが、例えばウルトラ特上という最上位の商品でも1人前1200円込みだと1296円です

参照 : http://www.sushijoto.jp/menuE.html

 

すし上等公式サイト

個人的に思った銀のさらとすし上等の違い

すし上等ではとにかく頼みやすく1人でも注文してね!という雰囲気作りと価格を抑えたラインナップですが、実はそれぞれ名前は違いますが、同じお店からデリバリーされてるんです。

つまりどういうことか?というと、安いと言っても悪いネタを使ってるのではなく、銀のさらと同じお店で作ってるので、ネタの種類や商品ラインナップが少ないだけで味は、ほとんど同じと考えてもらってokです。

実際には中で働いてる人に聞いたわけではないので、どうなってるのか分かりませんが、頼んで注文した感覚では味は銀のさらと同じ気がしますね。

ウニなどの高級なものが、すし上等では選べないメニューになっていて容器も使い捨て、そう言った部分で人件費などのコストを抑えて安く提供してるのだと思います。

銀のさらとメニューもかぶるのでノウハウも使いまわせますしね。

僕たちに注文する側にとっては安くて美味しいなら大歓迎です。

スポンサードリンク

すし上等を注文してみた

さて、メニューは迷うことなくウルトラ特上です。銀のさらだったら値段と相談しながら、食べたいものと落とし所を決めてましたが、すし上等は違います。

  • 並が800円
  • 上が900円
  • 特上が1000円
  • ウルトラ特上が1200円

入ってるネタの種類で値段も変わってきますが、最初は銀のさらを注文しようとしてたので、すし上等へ変更した際には何もかもが安く見えてしまいました。ものによってはそんなこともないんですけどね。見せ方が上手いです

今回はネット注文ではなく電話対応がどんな雰囲気か知りたかったため電話注文をしてみましたが、銀のさらと特に変わりもなく普通でした。

ただ、届いてからのアルバイトの寿司を運んでくれたお兄さんがちょっと残念でしたね。ボソボソっと挨拶も特になく、反応もイマイチ、細かいお金がなかったのでお釣りをもらう際には雑に渡され嫁は不快な気持ちでいました。

そして実際に届いた商品達がこちらです。sushi

  • ウルトラ特上2人前
  • キッズ特上
  • プチいなり8コ
  • 茶碗蒸し2個
  • イクラ単品
  • なめらかプリン(カラメル)

家族4人分です。子供は小さいので大人2人とおまけですね
総額5118円

こちらがウルトラ特上2人分
sushijoutou02

キッズ特上sushijoutou03

イクラ単品とプチいなり8個sushijoutou04

茶碗蒸し2個sushijoutou05

なめらかプリン2個sushijoutou06

田中さん
プリンだってよ!?男のくせにプリン食ってるぜ?

山田さん
僕も男子ですが、プリン食べてますよ

実はお寿司よりもおすすめな商品

デザートについでに頼んでみた、なめらかプリンですが、これがめちゃめちゃ美味しかったんですよ!甘すぎずさっぱりなのに甘く、キャラメルが特にいい味出してました。お腹いっぱいなのに食べれてしまうデザートで次回頼むなら絶対頼みます。これ単品でプリン屋としてもやっていけるんじゃないか?というくらいに美味しかったです。

おいおい、プリンあまり食べたことないんじゃないの?って思うかもしれませんが、そんなことはないです。お土産屋さんのプリンからスーパーのプリンまで、よく食べてる方です。

お土産で買ったことのある、甘粕プリン、杏仁豆腐プリン、なども美味しかったですが、すし上等のプリンも負けず劣らず美味しかったです。

まとめ

「銀のさら」と「すし上等」違いは高価なネタや桶などのコストダウンによるもので味に関しては全く問題なく美味しく食べれました。安めなのでアレもコレもとオプションで頼みすぎてしまうので注意しつつもプリンは是非おすすめなので機会があれば食べて欲しいです。

入れ物はプラの安っぽい入れ物なので気になるようなら自宅でお皿に入れ替えればいいと思います。味は変わらないですが雰囲気で気持ち的には味に影響するかもしれないですからね。とは言っても十分立派なケースですよ

わかりやすい値段とシンプルなメニューで、ちょっと今日はお寿司気分だなって時にはちょうどいいかもしれませんね。