アプリ エンタメ サービス

らじるらじる(NHKネットラジオ)は無料?聞き方やダウンロード先は?

投稿日:

災害が起こったとき、重要な情報源になるのがラジオです。手回し式の発電機が付いたラジオは、家庭に1台常備しておきたいところ。でも、出先だったり、電波の届きにくいところで被災してしまうこともありますよね。

そんなとき、スマホでもインターネットを通してラジオが聞けるのはご存じでしたか?インターネットラジオと言えば、「radiko(ラジコ)」が有名かと思いますが、ここではNHKの放送は聞けません。

NHKには、NHKラジオ専用のインターネットラジオがあるんです。今回は、NHKのネットラジオ「らじる★らじる」についてご紹介しますね。

スポンサードリンク

NHKのネットラジオ「らじる★らじる」は無料なの?

NHKと聞いて、思い浮かぶのは受信料。日々、NHKの集金人さんと攻防を繰り広げている…という方も多いかもしれませんね。

それはさておき。NHKのネットラジオ「らじる★らじる」のアプリをダウンロードしたり、聞いたりすることについて、NHKに支払う料金は一切かかりません。

ただ、通信費はかかってしまいますので、スマホだと定額制の料金設定になっていないと、ビックリするような金額が請求されてしまうかも…。ご注意くださいね。

実は、NHKのラジオには、【受信料】はかからないそうなのです。TV放送の分の【受信料】で、ラジオの分も賄っている、というのが理由なのだとか。

そうなんだ〜とちょっと感心してしまいました。

どうやって聞く?PCでは?アプリをダウンロードするには?

「らじる★らじる」の聞き方は、とっても簡単♪

PCなら

https://www.nhk.or.jp/radio/

にアクセスするだけで、現在放送中の番組や過去に放送された番組(「聴き逃し番組一覧」に登録されているもの)が簡単に聞くことができます。

スマホやタブレットでは、専用のアプリをダウンロードすることで聞けるようになります。

先ほども書いたように、アプリのダウンロードは無料です。

アプリでも、PCと同じように放送が聞けますが、リアルタイム(ライブストリーミング)で放送されているものは、約1分(私調べ)ずれて聞こえてきます。

また、ライブストリーミングでは、時報や緊急地震速報が流れたときには、無音になるので、慣れるまでは、その度に「壊れた!?」とドキッとしてしまうかも(私もそうでした…)。

スポンサードリンク

「らじる★らじる」の便利なところは?

「らじる★らじる」の便利なところは、全国各地(東京・名古屋・大阪・仙台など8局:2017年11月現在)の放送局が選べるところ。

普通のラジオなら、ローカル番組は電波の都合で、聞きたくても聞けないときがありますが、ネットラジオなら、(基本的に)どの地域の放送局で放送されていても聞けるのが嬉しいですよね。

また、聞きたい番組があるときには、番組表から予約しておけますので、うっかり聞き逃してしまうこと減ると思います。

予約の際には、”そろそろ始まるよ〜”というお知らせの通知時間(5分前から30分前まで)や、お知らせ音のON/OFF、など便利な機能がそろっているので、お好みで設定できますよ。

私も、お気に入りの番組は予約して聞いてます。

私のオススメは、毎週月曜日の夜(毎月最終週は別番組)に放送されている『DJ日本史』。

日本の歴史を掘り下げていく番組なのですが、パーソナリティは松村邦洋さん。

松村さんがものまねで繰り広げる”一人大河(ドラマ)”は圧巻で、まさに、ラジオならではの楽しみ方ができます。

まとめ

実は、私「らじる★らじる」のヘビーユーザーなのです。

朝は、『すっぴん』。

午後、聞けるときには『ひるのいこい』から『ごごラジ!』まで。

夜には、さっきも書いた『DJ日本史』や『サンドウィッチマンの天使のつくり笑い』(毎週火曜日)『NHKジャーナル』(ニュース番組)を聞いて楽しんでいます。

ラジオだと、何か作業をしながらでも聞けるのが良いんですよね〜。

NHKなら、語学番組(ラジオ第2)も豊富なので、聞き流しているだけでも語学力がアップしそうな気もします。

いろいろな楽しみ方のできる「らじる★らじる」。皆さんも、聞いてみませんか?

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-アプリ, エンタメ, サービス

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.