お得♪ 電子書籍ならイーブックジャパンがオススメ今すぐCLICK⇒

ドライヤーモンスターの口コミの評価を徹底調査!型番ごとの違いを730と735と740で比較

3 min 0 views

毎日のドライヤー、とても面倒ですよね。暑い日や疲れている日は尚更です…。

短い時間で乾かせるドライヤーが欲しい!

そんな方にお試しいただきたいのは小泉成器株式会社から販売されている“ドライヤーモンスター”。

今回は“ドライヤーモンスター”の口コミや評価、型番ごとの違いなどご紹介していきます。

ドライヤーモンスターの口コミの評価を徹底調査

こちらはT.M.Revolutionの西川貴教さんがイメージキャラクターとして起用されている“ドライヤーモンスター”のCMです。

ロボットが登場し、家電の宣伝だとは思えないようなインパクトの強いCMですね。

そんな謎も多いCMの“ドライヤーモンスター”、実際に使った方の口コミや評価をみてみましょう。


みなさん、“ドライヤーモンスター”の風量に満足されているようです。

しかし、故障してしまったとの投稿も…。

故障に関しては、小泉成器株式会社のホームページに対応方法が載っています。参考にしてください。

ドライヤーモンスターの価格や他社ドライヤーの違いは?何故人気?

“ドライヤーモンスター”の魅力は、やはりその風量にあります。

MONSTERドライヤーは2.0㎥/分の強い風で髪を乾かします。

一般的な大風量と謳うドライヤーでも1.2~1.5㎥/分ほど

この強風な理由にはダブルで搭載されている送風ファンにあります。

ダブルのファンを使って風量を上げているため、他のドライヤーとは比べ物にならないほとの強風を実現しています。

ただし、風量を上げている分どうしても使用中の音が煩くなってしまいます。

5段階の風量調整機能付きですので、静かに使いたい時には弱風で、素早く乾かしたい場合には強風で、と工夫をしながら使用してくださいね。

また、“ドライヤーモンスター”には低温風のスカルプモード機能が搭載され、低温風で髪と地肌をケアすることもできます。

髪の毛を乾かすだけでなく、日々の髪の毛のケアにもお使いくださいね。

ちなみに、“ドライヤーモンスター”は、ヨドバシ.comビッグカメラ.comなどの通販サイト”で販売されています。

しかし、過去に発売された機種などはAmazonなどの通販サイトで安く販売されている場合もありますので、探してみてくださいね。

以下の商品も参考にしてみてください!

ドライヤーモンスターの型番ごとの違いを730と735と740で比較

“ドライヤーモンスター”は現在、様々な型番のものが販売されています。

品番が74系が新しく、73系と71系は生産終了となっています。

現在の流通の主流となる740と745の違いですが、機能面では全く同じで、品番の違いは流通経路の違いです。

710〜745まで風量は全て風量2.0㎥/分と、ドライヤーモンスターの一番の強みである風量については、どの機種で同等です。

71系と72系まではターボ/ハイ/ロー/クールの4段階風量調節、73系と74系からは5段階風量調節になります。
また、スカルプモードが付いているのも73系と74系のみとなります。

ポイント
  • 73系と74系には、使用中に発生するマイナスイオンに違いがあります。
  • 73系はマイナスイオンの発生箇所が5箇所、74系には3箇所付いています。

しかし、74系はマイナスイオンの発生が20%増加しています。

機能が変化していると言うよりも、品番が新しくなるにつれ徐々に機能が追加されていっているというイメージを持って頂ければと思います。

まとめ

毎日使うドライヤー。

これからどんどん暑くなる時期ですので、なるべく短い時間で済ませたいですね。

大風量が魅力の“ドライヤーモンスター”。

是非、購入を検討してくださいね。

あなたは楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっていますよ〜

楽天で買う商品にポイントで使えるので楽天で買物するなら超お得なんです

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます

楽天カードの新規作成はこちらでできます

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です